下見レポ「山梨の癒しの森 森のおんがくたいで行こう!」

居心地の良い古い森

魅力的な森とは、どんな森だと思いますか?

この森は

景色が目まぐるしく変わる。

たくさんの種類の森が詰め込まれている。

何より、居心地が良い。

僕たちが楽しみ、森から学び、森に癒しを求めるのにとても良い森だと思います。

山梨県の韮崎中央公園の、その近くにひっそりとある名も無き小さな森。

僕はこの森を、いろんな人が活用していないのが不思議。

人が森に手を入れた時点で、人が森の面倒を見なければならない。

この森には人の愛情がある。

この森に案内してくれたのは、この森の持ち主であり、管理もしているご家族。

この森で遊びつくした元気なAちゃんと一緒に、案内してくれました。

まずはこんな風景が続く。
親子で森へ
森と人が仲良く暮らしていた時代。里山の時代の風景。

それから、とてもとても古いスギの森に会う。
古いスギの森
普通スギは間伐されて、早くに使われるかだが
この森は間伐の手が足りずに、込み合った森になり、それから更に時間が経って、スギが植生も含めた森の、重厚な支配者となっている。この森はとても幸せそうに見える。なんだかすごく居心地が良い。

この森もAちゃんは馴染みなのか、どんどん先に行ってしまう。

なんと綺麗な麦畑!!太陽の光を浴びて黄金色に光る。
韮崎16
韮崎14
麦畑の迷路
麦畑と管理小屋

Aちゃんのおじいちゃんは、この麦畑を、子ども達が遊べるように、なんと迷路のように刈り取っている。
子ども達のお気に入りの場所。

そうして、いつもの橋を渡る。
森の中の橋

獣道を進む。

今度は、伐採地に出る。
クヌギやコナラが伐られて、きれいに積まれている。
薪や炭に使うらしい。
伐採地

やがて、今回のメイン会場である、公園にたどり着く。

これまでとは全然違う、人が滞在する為に、居心地よく作られた公園。
居心地のよい公園
居心地の良い公園2

でもやっぱり人がいない。
気が付くと、とても標高が高い。素晴らしい景色が見える。
公園から見える風景

クローバーを見つけてご機嫌なAちゃん。
ご機嫌Aちゃん

今回の山梨での森の歌会は「森のおんがくたい」。
いくつかの回で、この森を使って、子ども達と遊びます。

全ての場所を使える回も、一部の場所だけで行うこともあると思います。
ベビーカーの人もいるので、なるべく道が不自由ないところを選んで開催したいと思います。

でも、小さな森の中で、これだけ景色が変わり、わくわくするような森はなかなかない。

これは手入れをしてくださっている方の愛情がこもっているから。
子ども達が楽しくなるように。わくわくするようにと。

さあ、いよいよ始まる山梨の「森のおんがくたい」はこちらです!

【韮崎】6/9(木)10:00~14:00「森のおんがくや 癒しの森 音あそび」

【韮崎】6/29(金)10:30~11:30「森のおんがくたい!初夏の森の音あそび」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。