【演奏動画あり】学びの前に五感を震わせること。レポート「寝転んで眺める星空とプラネタリウムの音楽キャンプ」

プラネタリウムとギター。

プラネタリウムコンサートと、星空キャンプのコラボレーション!

こんなイベント、なかなかできない!

今回は、名栗げんきプラザさんのご協力により、1泊2日のキャンプの中で、昼と夜いろんな森に寝転び、星を眺め、プラネタリウムでも星が学べる贅沢なイベントをさせていただきました。

焚き火コンサートから始まります!
焚き火コンサート

演奏させていただいているのは、僕、森のシンガーソングライターと、今回演奏サポートで来てくださった津軽三味線弾きの田澤竹真さん。
そして手前で火の世話をしてくださっているのが、名栗げんきプラザのスタッフ木村さんです。

今回のキャンプは、親子での参加が数組と、自然体験指導者の経験もある若者が幾人か参加してくれました。

環境教育の専門学校で学ぶ中村寛くん。
中村くん。
キャンプ中も中村さんは、ホオノキでお面を作ったり、即席で弓矢を作ったり、子ども達と遊びを作り出してくださいました!

石垣島などのエコツアーガイドもこなす平本菜央さん。
平本さん。
持ち前の明るさで、がんがん子ども達と交流してくださいました!

そして、小学生兄弟のビキくんとジョーくんは、なんと小学生音楽ユニット「BIKI&JOE」http://www.motoride.jp/biki-joe/)として活躍するミュージシャン!

こんなに音楽のできる小学生は初めて見た!

「BIKI&JOE」(https://twitter.com/coco_music_jp?lang=ja)
彼らにはこんな風に焚き火で歌ってもらったり、この後森の中でも演奏をお願いしましたよ。

「森に似合う演奏をすると、森がコラボしてくれるよ」

というのは森のシンガーソングライターが、森の中で演奏する時のコツなんですが
ビキくんとジョーくん、さっそくこの演奏をチャレンジしてくれて

「歌っている時、川の音が気持ちよく響いてくれた」

と、森との相性ばっちりの感性と演奏を見せてくれました!

名栗の森は霜柱サクサク!!
霜柱。

子ども達。

参加者。

フィールド。

まずは、昼の森の中で、霜柱や落ち葉と共に、森に寝転がってみる時間を取りました。

森のシンガーソングライターは、なんと津軽三味線との貴重なコラボ!
演奏動画をぜひご覧ください!

そして夜は、同じ森の中をナイトウォークしてみるコンサートも楽しみましたよ。

このキャンプのメインは夜の星空!!

裸の枝の木立の向こうに見える星空を眺めながら、真っ暗な森の底に身をゆだねて歌を聴くのです。

標高500m以上の名栗の森は、この季節の夜は氷点下まで気温は落ち込みます。

でも皆さんがちゃんと防寒着を着込んできてくれたことや

なんとこの日の夜が暖かかったこと(2℃くらいでした)。

それほど寒さに悩ませられることなく、ナイトウォークコンサートを終えることができました。

こんな風に、森が味方してくれると、本当に嬉しい。

落ち葉の上に寝転がると、やっぱり温かくて

参加者からも「もう1曲聞きたい」などのリクエストが出るほど、寒さを忘れる時間でした。

ナイトウォークコンサートなので、写真に映らないのが残念です。

この夜の最後は、名栗げんきプラザの屋上での天体望遠鏡を使っての天体観測。

名栗げんきプラザスタッフの木村さんが、星空解説をしてくださいました。

キンキンに冷えて透き通った空は、星が綺麗!!
冬の星座の見どころを、ゆっくりと教えていただきましたよ。

星空を見上げて聴く、津軽三味線の田澤さんのソロ。
参加者の平本さんも、自作の「星の歌」を披露してくださり、何とも贅沢な時間でした。
津軽三味線。

この日は遅くまで、名栗げんきプラザの室内で、交流会もしながら楽しく過ごさせていただきました!

そしてこのキャンプの締めくくり、翌日の「プラネタリウムコンサート」!
プラコン1

元々名栗げんきプラザからは、このプラネタリウムコンサートのみでご依頼をいただいたのですが

「本物の星を観ないのはもったいない」

と思い、今回は特別に前泊からの星空キャンプを企画させていただいたのです。

名栗げんきプラザが毎年企画しているプラネタリウムコンサート、

この日はなんと98名のお客様にご来場いただきました!

客席。

このコンサートも、津軽三味線の田澤さんとコラボです。
証と田澤さん。

美しい地球星空が、次から次へと移り変わる。
地球。

上映中。

アフリカンリズムでのホップくんの歌で体操をしたり!
ホップくん体操。

田澤さんの津軽三味線の熱い演奏と、太陽系を巡る大迫力の上映!
太陽系を巡る。

夜明け。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

ありがとうございました!

こうして星空キャンプ、プラネタリウムコンサートを両方行ってみて

ああ、良かったなあと思い返します。

生身で感じる自然の大切さを感じました。

プラネタリウムの大スペクタクルも素晴らしいし

実際に寒さを感じながら、寝転んで見た星空の美しさも素晴らしい。

学びの前には、心の震えが必要だと思っています。

五感で感じた様々な自然の姿で、心を震わせたあとで、プラネタリウムで知識を学ぶ。

こんなイベントができて、森のシンガーソングライターは幸せ者です。

キャンプからご参加いただいた皆様、プラネタリウムに来てくださった皆様、そしてご協力をいただいた名栗げんきプラザの皆様

本当にありがとうございました!

ぜひまた企画したいですね。

次回のコンサートはコチラ!
あなたが森と繋がる自然体験コンサート!

【東京】1/21(日)食べられる野草を知る 七草交流会&寝ころんで聴くごろんコンサート@稲城市

「【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。