自然のままに生きたい人集まれ!レポート「おかんハウスでごろんコンサート」@大分県竹田市

ごろん。

自然のままに生きる為の、コミュニティ古民家「おかんハウス」の魅力。

今回は、大分県竹田市にある古民家「おかんハウス」で、ごろんコンサートの体験会をさせていただきました!

田園風景と山岳風景の中を、坂道をグニャグニャ進んでいくと、おかんハウスがある。

おかんハウスは、 手織り工房ぱたんこ屋を営む高木康子さんが開く自然のままに生きる為の、コミュニティ古民家。

入った瞬間に「ここはすごく落ち着ける」と思ってしまう不思議な家。

高木さんと。

おかんハウス。

おかんハウス。

おかんハウス。

そんなおかんハウスは、いろんな人が集まれるイベント開催中!

今回は、僕も午前中に行われているヨガに参加してみました!
ヨガ。

ヨガ講師「江口和美」さんが、ここおかんハウスで月に1度行うヨガ教室。

とっっても丁寧で、分かりやすい!

僕のようなヨガ初心者でも、ハードルなく入れるように

難しいことは省いて、自分の体のいろんな個所と対話できるように、導いてくれる。

なぜヨガをするのか?

自分の体に取って、ヨガがどんな役割を持つのか。

それを実感しながら、一つ一つ。

難しいポーズをする時も、抵抗がないように一つ一つ。

「ヨガって、俺の生活に必要だわー」

と思わせてくれる素晴らしい誘導。

いやー、江口先生のヨガなら、毎月受けたいです。

そんな導入があったから、午後からの僕のごろんコンサートはすごくやりやすかったです。

まずは春の太陽がさんさんと降り注ぐ、古民家のお庭で最初の演奏をスタート!
お庭で。

お日様の光と、すばらしい景色の中で音楽を聴くこと。
ひなたぼっこコンサート。

そして今度は、うつぶせに寝転がって見る。
うつぶせ。

うつぶせになると「自分が虫になったような視点」になる。
そうすると今地面に咲き誇る花がたくさん見える。
虫の視点

その中で食べられる野草などを紹介。

そして、今度はヒノキの森の中へ。
ヒノキの森へ。

同じ自然の中でも、原っぱとヒノキの森の中ではぜんぜん違う。

ここでは、木に触れたり、寝転んだりしながら、歌を聴いてみます。

ごろん。

寝転びながら、みんなで学びます。

ヒノキとはどんな木なのか。

ここに立っている木はどんなことを思っているのか。

日本の森林は、どんな課題があるのか。

そして、どうして木はこんなに美しいのか。

ごろん3
(画像は別の森のスギの木)

小さな芽。

最後に、ゲストで来てくださっていたクリスタルボウル奏者Ranaさんの演奏で、しっかり森の中に心を定着させます。

クリスタルボウル。

いかがだったでしょうか。

前半のヨガからご参加いただいた方には

ヨガで、自分自身の体や内面と向き合い
ごろんコンサートで、自分の周りに広がる自然と向き合うという流れになったのではないかと思います。

ヨガとごろんコンサートの組み合わせは素晴らしいなあ。

終わった後は、子ども達と存分に遊ぶ!
子ども達と

もっと森の奥まで探検してみたり

お庭も森も、存分に使ってのおにごっこやドッヂボール!

子どもは森の中ではいつまででも遊べる。

ごろんコンサートは、実は大人こそが、森と遊ぶ為のプログラムでもあります。

なので、静かなプログラムに付き合ってくれた子ども達とは、終わった後に存分に遊んであげること。

印象的だったのが、あるお父さんが、子どもを連れて森へ入ろうとしたら

ほんのちょっと藪だったり、でこぼこだったりしただけで
怖いからいかない、と子どもが言ったそうで

お父さん達は当たり前のように、野山を駆け巡っていたのに、自分の子どもが野山を怖がっているのを見て、びっくりしたそうなんですね。

その後、かなり山奥に子ども達と探検に行ったんですが、その親子でがんばって探検にチャレンジしてくれたのが嬉しかった!

子どもは自然の中に行けば、ちゃんと遊び方を見つけてくるものだけど

例えば、都市に住んでいると、子どもは自然への入り方も知らずに育ってしまうのかもしれない。

お父さん、お母さん、ぜひもっとごろんコンサートにお子様を連れてくてくださいー!

と森のシンガーソングライターは思いました。

ご参加いただいた皆様、おかんハウスの高木さん、どうもありがとうございました!

次回のごろんコンサートはこちら!

【大分】4/12(木)特別な森に行こう。あなただけのプレゼントソングを作る、癒しの歌トレッキング@由布市ソババッケ
ソババッケ2

【大分】4/21(土)森のシンガーソングライター証森林セラピスト昭 in栗灰遊び
ごろん3

★オフィスで働く皆さん向けに”オフィスから行ける森の旅”のLINE@はじめました!

★学校に行けない子ども達や、引きこもりで悩む人達に”学校を出て、森へ行こう”のLINE@はじめました!

「森のシンガーソングライターが歌を作ります!【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」
森の中で。

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森でコンサートを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」は、これまで全国で100回以上の開催、1300名以上の方にご参加いただきました。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる知識などを広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。