【演奏動画あり】タイヤ交換を自分でしたい!フェリーで九州上陸!キャンピングカーで森の旅625日目。

ジャッキアップ1

ココニクル号はタイヤがパンク中。

何度パンク修理をしても、少しずつ空気が抜けていくのは、もうタイヤ自体が減っていて限界だそうで

ついにストックしてある新しいタイヤと交換することにしました!

普通のダットサントラックに、1t以上のキャンパーが乗っているココニクル号は総重量が重すぎるので

まず上の画像のように、キャンパー自体を支える足を出して、キャンパーだけ高く上げます。

そして残ったダットサントラックを、ジャッキで上げていきます。

ジャッキアップ2

でも自分でタイヤ交換するには、問題が…

ストックしてあるタイヤは、生タイヤ(ホイールなし)でした。

つまり、古いタイヤのホイールを外して、新しいタイヤに付け替えなくてはならない。

古いタイヤのホイールを外すのは、素人にはかなり難しい…。

しかも、うまくホイールの付け替えができたとしても、新しいタイヤに空気を入れることができない。
(新しいタイヤがスカスカのままでは、ガソリンスタンドに行くことだってできないですもんね)

そもそも、クルマ屋さんでやってもらうしかないんだということに気付き、オートバックスへ行くことに。

新しいタイヤの付け替えは諦めて、とりあえずスペアタイヤに変えることにしました。

せっかくなので、ココニクル号のスペアタイヤ交換の術をご案内。

まず、ナンバープレートの上の謎の穴に、備え付けの工具を差し込むと
穴。

穴の奥にぶら下がってるスペアタイヤの上に、工具を差し込む場所があります。
差し込む場所。

この細長い工具に、ネジを締めるのに使うレンチを連結させて、クルクル回していくと
レンチを連結。

鎖に吊るされて、スペアタイヤが降りてきます。
スペアタイヤ。

後は、こうして古いタイヤと付け替えるだけ。
スペア交換。

スペアタイヤは、緊急の時に使うものなので、常日ごろから空気を満タンに入れておきます。

さて、そうしてオートバックスまで行ってみたのですが…ここでまた問題が…

オートバックスでは、タイヤのホイールの付け替えはやってもらえない!!

どうやら、付け替える生タイヤが新品でないと、付け替えはやってもらえないそうです。

中古の生タイヤでは、安全性の保障がオートバックス側で責任を持てないから作業しない、という理由だったのですが…

そうすると…

中古の生タイヤを持っている人は、自分で付け替えるしかない?

でも自分で付け替えるのは難しい?

と思っていたら、ガソリンスタンドでは普通にやってもらえましたね。

オートバックスより少し高めの金額になって

タイヤのホイールを交換して、付け替えてもらうと、1本3500円程度。

結局タイヤの状態を見て、4本とも変えることになり、4本合わせて14000円程度。

タイヤ交換だけでこんなに費用がかかるとは…。

でも、これで安心して走れるようになりました。

新しいタイヤで、ココニクル号の旅2年くらいは持ってくれるのではないかと思います。

いつかまた、新しいタイヤを購入しなければならない日が来たら

ココニクル号のタイヤは、通常1本50000円程度なので、4本で200000万円。すごい金額だ…。

いったい何年後まで、ココニクル号は僕に全国の森の旅を続けさせてくれるかな。

ご縁があれば、僕がその役割であれば、必要なものが巡ってくる!

と信じています。

そんなココニクル号は、今度はフェリーに乗って、大阪から九州へ向かいます!

神戸六甲アイランド港から出発!
港から1

港から2

これもまた僕にはご縁があって、ほぼ無料でフェリーに乗せていただいております(ココニクル号の車乗船代だけ)。

このご縁を作ってくださった、フェリー会社の皆様、音楽関係の皆様には毎年本当に感謝しております。

こんな豪華なフェリーの内部!!
船内。

森のシンガーソングライターは、毎年このフェリーの船内でコンサートをさせていただいております!!
演奏動画をぜひご覧ください。

朝陽の昇る甲板の美しさ!(めっちゃ寒かったですが)
甲板1

甲板2

ココニクル号は、こんな風に収納されております。
収納スペース。

さあ、北九州の新門司港に着いた!

いよいよ、九州の森の旅、今年もスタートです!

九州に到着!

次回のごろんコンサートはこちら!

【大分】4/1(日)探検!寝転ぶ!楽器を鳴らす!森の歌ピクニック@つみきの森MUGA
MUGA1

【大分】4/12(木)特別な森に行こう。あなただけのプレゼントソングを作る、癒しの歌トレッキング@由布市ソババッケ
ソババッケ2

「森のシンガーソングライターが歌を作ります!【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。