アートと森と動物王国、京都精華大学へ。キャンピングカーで森の旅353日目。

滋賀の運動公園。

ココニクル号で、滋賀県の運動公園に。

こういう場所で、水を使わせてもらったり、カセットコンロで料理をしたりする。

メタセコイアの巨木がいく本もそびえる。
秋には美しい光景になるんだろうな。

京都に到着。

さすがの古都!これまで行った都市とはすいぶん雰囲気が違う。

京都の道路は、やけに原付が多い。

そして道が狭い。

ココニクル号で移動するのは大変。。

京都精華大学は、もう少し山沿いにある。駐車場にココニクル号を収めるとずいぶん目立つみたい。
京都精華大学に到着。

さて今回は、東京で前からお世話になっている漫画家上野顕太郎さん(通称うえけん)のご縁で、今回は森のシンガーソングライター証を、特別授業の講師として呼んでいただきました。

うえけんさん最新刊はこちら。
よるせん単行本。

うえけんさんは、この京都精華大学でギャグ漫画技法の講師を務める。

ギャグ漫画技法というコースがあることもびっくりだけど、それに森のシンガーソングライターを講師に招くことにもびっくり。

どんな授業だったか、次回で詳しくお知らせしますね( ´ ▽ ` )。

同じくギャグ漫画技法の講師、おおひなたごう先生もいらっしゃったので、ご挨拶。

おおひなた先生、ものすごく爽やかイケメンでびっくり。

どんな漫画を描いてるのか、僕は(失礼ながら)初めて読ませてもらったのですが

おおひなた先生の代表作「おやつ」
おやつ単行本画像。

1ページ目から、キレッキレのギャグをフルスロットルで飛ばしてくるので、あまりの面白さに危険を感じて本を棚に戻してしまいました。

おおひなた先生おそるべし。

うえけんさんの作品もそうとうキレてるけど、京都精華大学のギャグ漫画技法講師陣は、ちょっと並外れすぎている。
(ちなみに同コースのもう一人の講師は田中圭一先生)

こんな先生達から、生徒はいったいどんなことを学ぶんだろ。

さて、校内を少しご案内いただき、明日の授業のための下見。

さすが、京都精華大学。

いたるところに、生徒達が制作する不思議なアートがある。

制作物。

制作物。

それも、おお!と声をあげてしまうものから、藪のなかに単に捨てられてるんじゃないかと思うような意味不明のものまで。

そしてなぜか、たくさんの動物が飼育されている!

ツル?

にわとり?

ヤマドリ?

事務の方曰く「デッサンのため」とのことだけど、それにしても多い!

クジャクとか。
クジャク。

シカとか。
シカ。
繁殖したら、子ジカはどうするんだろう。

というか飼わなくても、シカもイノシシも(ごく稀に熊も?熊出没注意の看板があった)近くに住んでいるだろう京都精華大学。。。

そして、明日生徒達をご案内する予定の、京都精華大学の森はこんな感じ。
森の階段。

構内の森。

構内の森。

ギャグ漫画技法の先生曰く、生徒はほとんど入ったことがない。こんなに素敵な森なのにインドア。

次回、授業編。
恐るべき生徒達の才能爆発。

お楽しみに。

ちなみに、校内で偶然再会した仲野くん。
仲野君と。

実は、福井県鯖江市の河和田で行われていたアートフェスで、偶然お会いして交流した。

↓参考記事。
【福井】★9/18(日)森の旅の話をしよう@鯖江市河和田 中町アート ストリートライブ&尾花屋

そう言えば、河和田アートフェスって、京都精華大学の学生達が主体だったんだ…(°_°)。

校内にココニクル号があるのを見て、びっくりして声をかけてくれた。

福井でお会いしてから、まさか僕が講師で向かうことになるとは。

仲野くん、お久しぶりでした!

さて、次回のオススメイベントはこちら。

あなたと森の付き合い方を教える自然体験ライブ!

【愛知】6/24(土)寝ころびながら森の不思議を知る うたたねコンサート@長久手市

寝転ぶ。

6月は岐阜県、長野県、愛知県で「団体様向けゴロンコンサート」や「個人向けプログラム」を受け付けております。
内容、料金は臨機応変に対応いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
森のシンガーソングライターに依頼してみると…

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

アートと森と動物王国、京都精華大学へ。キャンピングカーで森の旅353日目。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。