「ワンダー」

ワンダーが僕に言う

人生に意味なんてない

ワンダーが僕に言う

ただ現象があるだけ

ワンダーが僕に言う

心の輝きだけがそう道標

ワンダーと僕は歩く

足元の草が光る

ワンダーと僕は歩く

錆びたベランダが空を指す

ワンダーは僕を放り投げる

遠くまで見渡せるように

激しく揺さぶられ

道の片隅でうずくまり

ワンダーが僕に言う

いつもどこかを目指して歩こう

ワンダーが僕に言う

自分の心にまっすぐに行こう

ワンダーと僕は友達

いつも

まっすぐに歩けば

君が通りで待っている

ーーーーーーーーーーーーーー

今年の詩はこんな感じでした。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です