ソババッケという森。Ranaさんの歌。キャンピングカーで森の旅304日目。

ソババッケ。

阿蘇くじゅう国立公園内にある「男池」から「黒岳」の方へ上った先に、不思議な森があるらしい。

その名も「ソババッケ」。

どう不思議なのかは行ってみないと分からないということで、先日「マクロから見る自然とミクロから見る自然。レポート「ごろんコンサートくじゅう高原」」でご一緒したRanaさんに、ソババッケまでご案内いただきました。

Ranaさんは、僕のごろんコンサートと同じように森を歩いて歌を使ったプログラムを行うそうで、今回はその体験会も兼ねて。

入り口にある男池
どうしてこんなに綺麗な青い色になるんだろう。
池の淵にそびえるスギの巨木たちが、この池を守っている。
男池。

Ranaさんが池の音に合わせて歌いだしたので、僕も池に歌をささげてきました。

歌いだすと、どこからともなくたくさんのカゲロウが現れて、歌とともに踊りだした。

さあ、ソババッケを目指して。
Ranaさんと森。

古い森。

この森は原生林。
原生林とは、人の手の入っていない森のこと。
すごくすごく古い森のこと。

古い森2

巻き付くツタ。

標高が高く、年中霧が立ち込めるせいか、どの樹木も毛皮のように厚く苔を身にまとっている。

苔を身にまとう。

奇妙な形のケヤキがたくさんある。
ケヤキ。
ケヤキはもっとまっすぐに立つものかと思っていた。
歳をとっているからか、こんなに曲がりくねった幹や枝。
まるで違う木のよう。

「前に会った時よりも、この木が元気がないみたい」

と言って、Ranaさんが木に歌を歌い始めた。
どうやら友達の木みたい。
木に歌を歌う。
僕は人間誰しもが、こんな風に友達の木を持つといいと思う。
人の気持ちは、明らかに木の成長に影響を与える。

人間が地球と共存するには、何よりどんな気持ちで接しているかということが大きい。

「かくし水」と名のついた湧水所。
かくし水。
その名の通り、森の中にひっそりとある。
冷たくてとても美味しい。

Ranaさんは、自然の中に聞こえている音に合わせて、歌をその場で生み出していく。

僕は、目で見えている風景に歌をうたうことで、その色や形に意味を与えていく。

枯れ枝に不思議な文字のような模様があった。
不思議な模様。

僕はこの模様に、その場だけの歌を歌わせていただきました。
同じ森で歌う人でも、そのように違うやり方をするんだと、新たな発見となった時間です。

谷の向こう、裸の木々の中に、なぜか緑の葉を付ける木があった。
緑の木。

行ってみると、その木の葉っぱではなく、木に絡みついたツル植物テイカカズラが葉を付けていた。
テイカカズラ。

樹皮がちょうど半分だけ剥がれ落ちた木。
二つに割れた木。

年老いて、瘤をつけたまま倒れてしまった木。
瘤のある木。

ここを降りるとソババッケ。
もうすぐソババッケ。

ついに到着。
ソババッケ。

この場所が「ソババッケ」と言われる森です。

何とも不思議な場所です。

山間にちょうど開けた広場で、雨水が流れ込んでくるせいか湿地帯になっています。

古代では人がソバを植えて暮らしていたということで、そのような名前が付いています。

ソババッケ。

ソババッケ2

ソババッケでお弁当を食べていると、黒岳の方から下ってくる登山客のご夫婦と出会いました。

せっかくなので、ソババッケの風景を見ながら、僕やRanaさんの歌を聴いていただきました。

するとやっぱりたくさんのカゲロウが現れて、歌に合わせて踊り始めるのでした。
ソババッケで歌。

来年度はこの場所で、Ranaさんとコラボレーションしたごろんコンサートを開催したいと思いました。

Ranaさん、素晴らしい場所に連れてきていただき、本当にありがとうございました!

Ranaさんと森を歩く体験は2名以上から申し込めるそうです。
あなたも、不思議な音楽の森を体験してみては?

「Rana」
http://rana.base.ec/categories/129180

5月は福井県、6月は岐阜県、長野県、愛知県で「団体様向けゴロンコンサート」や「個人向けプログラム」を受け付けております。
内容、料金は臨機応変に対応いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
森のシンガーソングライターに依頼してみると…

1000円から支援できます!!森の旅を続ける為のご支援をよろしくお願いいたします。
クラウドファンディング開始!「ごろんコンサートを全国の森で開催したい!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。