【演奏動画あり】那須平成の森ってこんなところ!キャンピングカーで森の旅505日目。

集合写真。

那須平成の森フィールドセンターに行ってきました!

「那須平成の森フィールドセンター」は、日光国立公園内の標高1000mにある自然体験施設です。

ミズナラブナなどの雄大な森で、ヤマネツキノワグマなどの生態の調査をしたり

登山客や観光客に、那須の自然を伝える為のガイドウォークや展示も行っています。

森のシンガーソングライターが一時期在籍していた「公益財団法人キープ協会」や、いつも親しくしていただいている「CES(自然教育研究センター)」の皆さんが、管理運営をしています。

今回初めて、那須平成の森フィールドセンターに森のシンガーソングライターがお邪魔しました!

が…

すごい風です!

すごい風。

画像は、フィールドセンターのインタープリター、中島さんに森のガイドをしてもらった時の写真です。
あまりの強風に、他のお客様も思わず立ち止まって空を見上げる。

季節の変わり目で、風が起こりやすい時期、標高1000m近い山の上は、気流がぶつかってものすごい音を立てています。

そんな中でしたが「せっかく来たので学びたい!」

ツキノワグマをテーマにしたガイドをしていただきました。

那須平成の森フィールドセンター内はこんな感じ。
木材がふんだんに使われて、お洒落で静かで、誰もがほっと一息付ける場所。
センター内。

最近ツキノワクマが出没した場所を地図で示してもらいました。
糞などツキノワグマの痕跡があった場所です。
地図。

けっこう頻繁に、しかもすごく近いところに来ている…。

ガラスにうっすらと実物大のツキノワグマが描かれています。
こんなに大きいんだ!と実感できます。
ガラス。

ツキノワグマの糞はこんな感じ(粘土で作ったレプリカです)。
フィールドを歩いていればお客様でも見つけるかもしれないそうですよ。
糞のレプリカ。

中島さんは糞の内容物を調べています。
これはサクラの種。
種。
季節によって違いますが、春はこういうものを食べているんですね。

ツキノワグマの歯形を見てみる。
すりつぶす為の臼歯が発達しているから、やっぱり肉食と言うより雑食なんですね。

肉よりドングリが好き。

頭蓋骨。

そんなツキノワグマの痕跡を見つけに、フィールドに出ます。

超強風の森。

フィールドへ。

この辺りは標高が高いのでミズナラが多い。
これもツキノワグマの大好物だけど、極めてアク(渋み、タンニン)が多い。
ドングリ。
ツキノワグマはどうして食べても平気なんだろう。

ツキノワグマがミズナラと共に好きなのが、これ。
ブナの実。
これもドングリの一種です。
ブナの実。

ブナの幹に付いているのは、

ツキノワグマが登った爪痕!

爪痕。
こんな風に登ってしまうくらい好き!

そんな風にクマが近いところにいる森ですが…

危なくないの?

と思うかもしれません。

ちゃんと僕たちがクマのことを知っているかどうか。

歯の形が示すように、ツキノワグマは雑食で、ドングリや植物が好き。
こちらが驚かさなければ、滅多に人を襲いません。

そして肝心なのはクマ鈴などを使って、ちゃんとこちらの位置を知らせること。

ここで学べるのは、クマは危ないということではなく

自然の生き物のことをちゃんと知って、お互いに然るべき距離を置いて付き合って行くこと。

国土の森林率が67%で、世界第二位の森林大国と言われている日本では、クマを始めとした森の生き物との付き合いは、切っても切り離せません。

自然を人間から切り離すのではなく、ツキノワグマと僕たちがどんな風に生きていくか

それを求められている世代が、現代の僕達です。

ツキノワグマのいる森で、しかもこんなに強風の中、たくさんの人たちが森に出かけて行きます。

みんな自然と人間の距離を、体感で知るために出かけていくのかもしれません。

那須平成の森フィールドセンターの皆さん、どうもありがとうございました!

オマケ。

那須平成の森フィールドセンターのスタッフの皆さんに、ごろんコンサートを体験いただきました!
体験中。

超強風で、轟々と音を立てる森に寝転がって聴く「パイオニアソング」です。

「強風なのに、寝転ぶと落ち着いてそこにいられた」

「強く風に揺れる森でも、音楽に合わせているように見えて、まるでミュージックPVのようだった」

そんな感想をいただきました。

那須平成の森フィールドセンターでのごろんコンサート開催を目指したいと思います。

よろしくお願い致します!

次回のごろんコンサートはコチラ!
あなたが森と繋がる自然体験コンサート!

【埼玉】11/19(日)第2回 さんとめどんぐり村の秋まつり”森で遊ぼう!”@狭山市(当初11/18が開催日でしたが雨天の為11/19に順延になりました)

ドングリ村1
ドングリ村2

「【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。