日本のかっこいい人たち。濱陶器「稲城焼」~気功整体「幸樹庵」キャンピングカーで森の旅546日目。

ネコの足跡。

画像は、東京都稲城市にて「ネコの足跡」。

1週間ほど同じ場所に停めておいたココニクル号は、すっかりネコたちの遊び場になっていて、ボンネットにはウロウロした足跡だらけ。

森のシンガーソングライターが暮らしていくには冬が一番大変…。

寒さよりもむしろ、森のコンサート案件の少なさ…。

寒ければ寒いほど、アウトドアイベントはやりづらくなり、客足も遠退きます。

だから冬の間は、とにかく日本中のコンサートをさせてもらえる場所をウロウロし続けるという生活です。

おかげで、福井県~山梨県、そして埼玉県~あきる野市と、たくさんの地域を行き来してのイベントを無事に終えることができました。

応援してくださる皆様のおかげです。

稲城市の陶芸家「濱陶器」さんで振る舞ってもらったお茶です。
中国茶。

僕は野草茶や日本茶は作って飲むけど、中国茶ってあまり関心がなかった。
このお茶葉、かなりの高級品です。

茶田35号 – 阿里山珠露茶
http://www.alishan18-35.com/jp/phone/%E8%81%B7%E4%BA%BA%E5%A5%89%E8%8C%B6—%E8%8C%B6%E7%94%B035%E8%99%9F.html

中国茶。

お湯を注ぐと茶葉がふわっと開いていくのが美しい。

そして、1番茶は高級な渋み。

2番茶はなんと甘くなる!

そして3番茶は…と何回も味が変わるすごいお茶。

そういえば中国の人は日本人と違って、一日中お茶を飲んで過ごしている。
こういう何回も味が変わるお茶を、時間をかけて飲む文化。

そんなことを、濱陶器さんと話していました。

お茶の器はもちろん、稲城の土で濱陶器さんが独自に開発した「稲城焼き」
稲城焼き。
「稲城焼き」はただの陶器ではなく金属質の美しい質感を持つ、森のシンガーソングライターお勧めの陶器です。

地元で使う器を地元の土で作る。

そんな濱陶器さんの作品はすごいですよ。

「濱陶器」
https://hama-touki.jimdo.com/

先日、福井県から慣れない夜行バスで帰ってきた時、体が固まっちゃったせいか、途中のPAで

派手に転んでしまいました…。

その時に胸を強く打ちつけてから

胸の痛みが取れない…。

骨に異常はなさそうなんですが、肋間神経痛のように呼吸したり動かしたりすると痛いんですね。

なるべく薬系を使わずに治したい森のシンガーソングライターは、頼りにしている

青梅市の気功整体「幸樹庵」さんへ行ってきました。
幸寿庵。

「幸樹庵」のみやの先生は、僕の体を診て、手の先から足の先まで、関節や筋肉のどの部分が固まっているか、入念にチェックしていきます。

胸の痛みについても

「胸を痛がっている時は、体の別の部分も痛くなっているはずなんだ」

と背中側を入念に診てくださいました。

そして体のいろんな部分に手を当ててくださるんですが

それだけでその部分が、

スライムみたいにフニャフニャになっていくんです。

最後には全身がスライムみたいに、マットに沈んでいく時

気功整体の気持ち良さ最高潮です。

さて、そんなみやの先生から、キャンピングカー暮らしで首が固まらないように
整体マクラをプレゼントしていただきました!

これ、確かに首の部分が楽な作りになっていて

最先端技術!というより、昔の実家にあったおばあちゃんがくれた枕!
みたいな素朴な感じなんですが

やっぱりこれだよこれ!

と思えるフィット感。

昔の日本人が昭和から使ってきた枕の素材で、整体の観点からプロデュースしたような…

とにかく、森のシンガーソングライターのお気に入りとなりそうな枕です。

ココニクル号と枕。

欲しい方はぜひ「幸樹庵」さんへ。

「幸樹庵」
https://www5.hp-ez.com/hp/healing-cancer/

あきる野市のとある畑の前で目を覚ます朝。
あきる野市の朝1

寒くなってきましたね。
でも、自然の厳しいところほど、朝の風景はとても美しい。

ココニクル号が霜で真っ白です。
あきる野市の朝2

そしてココニクル号は現在、栃木県栃木市にいます。
年末年始、皆様楽しんでお過ごしください。
地図。

次回のコンサートはコチラ!
あなたが森と繋がる自然体験コンサート!

【栃木】1/13(土)始まりの森で生命をいただく七草の歌@アニマnet森カフェ

祈り

画像名義 AI ASANO http://neko-mamma.com/

【東京】1/21(日)食べられる野草を知る 七草交流会&寝ころんで聴くごろんコンサート@稲城市

「【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。