アラスカ日記、下見編19「僕は地球のどこにいるのやら忘れてしまった」

僕は地球のどこにいるのやら忘れてしまった。

よーし!いよいよ氷河まで歩いていくぞー!

氷河を意味する「グレイシャー」の案内板に従って車を進ませると、こんなゲートに到着する。

ここで入場料を払います。

ガイド無し…30ドル
ガイド付き…100ドル

僕は英語が分からないのでガイドされても聞き取れない…悔しい。

とりあえず下見だし、ガイド無しで入ってみました!

車で更に奥に入って行きます。

すると…

おおおー!!氷河が間近に!!
歩いて行けそう。

ガイド無しでも、赤いコーンを頼りに歩いて行くと、氷河の上まで辿り着けます。

受付で言われたのは「絶対にコーンのあるトレイルを外れないこと」

(予期せず氷が割れたり、クレバスに落ちたりするから)

氷河まではこんな泥と石だけの荒野が延々と続いています。

この場所がこんな風景なのは、今も毎年氷に覆われるからかもしれない。

氷河に近づくに連れ、足元にも氷が張り詰めてくる。

砂利のフィールドだと思ったら、砂利の下は厚い氷になっている!
いつのまにか氷河の上にいるのか。

この氷河は、18000年前には何と、パーマーまで続いていたものが、長い時間をかけてここまで後退して来たのです。

「僕は地球のどこにいるのやら、忘れてしまった」

(サン・テグジュペリ「人間の土地」)

本当に、まるで地球ではない、別の惑星にいるみたい。

いよいよ氷河を登り始める。

まだ先へ行けそうだ。

ここからは、アイゼンを着けて進もう。

氷河の所々に顔を見せている「青」 に魅了される。
クレバスに張った氷から見える美しさ。

積もった雪のように見えても、ほんのりと奥が青いんです。

ここが、ガイド無しで行ける終点のようです。
氷の張った川に阻まれる。

アイスクライミングの技術があれば、この先にも氷を登って行けるんだろうな。

次の記事はこちら!
アラスカ日記、下見編20「氷河って何だろう?いよいよレコーディング!」

前回の記事はこちら!
アラスカ日記、下見編18「マタヌスカ氷河を目指せ!」

良ければ僕のFacebookグループに登録しませんか?

この後の僕のアラスカの旅やいろんなアラスカ情報を知ることができます。
たくさんの仲間と、アラスカを楽しみたいと思います。

★Save the Alaska!アラスカへの音楽の旅。

アラスカ日記、下見編19「僕は地球のどこにいるのやら忘れてしまった」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。