アラスカ日記、下見編17「オアシスのようなロッジがあった!」

僕が収録を行っていたデナリ周辺に、オアシスみたいな施設があった!

アラスカは山地に入れば入るほど、カフェやお店、Wi-Fi環境や電源のあるところは少なくなっていく。

ホテルに泊まるなら別だけど、僕のように車中泊の旅だと
電源と水場はキャンプ場に行けば良いけど、特にWi-Fi環境のある場所を探すのが難しい。

そんな中で、デナリ州立公園内に突然現れる「マッキンリー・プリンセス・ウィルダネス・ロッジ」はすごい!

いわゆる富裕層向けの贅沢ロッジで、例えばフェリーでカナダから氷河クルーズに来るお客様がロッジで宿泊し、また次のツアーに向かうような、クルーズ会社によって作られたロッジ。
お客様もご年配の方が多い。

でももちろん、宿泊客でなくとも出入り自由で、温かく贅沢な設備で、旅の疲れを癒すことができる、旅人にとってはまるで砂漠のオアシス!

カリブーの角のドアノブ!!

豪華な暖炉のある広間。

かっこいい、ムースのタイル!!

至る所にムース!!

スタバもある!(まさかデナリにスタバが…)

まるで王様仕様のようなスタバの客席!!

現地のネイティブでしょうか。少年がフクロウを片手に乗せて、何かを語っていました。

こんなお土産屋さんも。アウトドアグッズも売ってる。

もちろん食事中は、コンセントやWi-Fiも使い放題!

森のシンガーソングライターは、思わず入り浸ってしまいました。。。(ほどほどに…)

自由に使えるPCもあって、おかげで収録のデータを送ったり、いろいろ仕事ができちゃいました!!

こんな食事をしてみたよ!

贅沢!!アラスカサーモンバーガー!!

サーモンの大きな切り身がまるごと入っていて、ジューシー!!

しかも、やっぱりアメリカのハンバーガーの華は、ピクルスなんですねー!
この細長い大きなピクルスが美味すぎる…。


広い敷地には、こんな風に動物をインタープリテーションする彫刻があって、それが一つ一つめっちゃかっこいいんだけど、全てご案内できないのが残念。。。

ちなみにこのロッジは繁忙期だけなので、9月後半になると閉まってしまいます。
(この記事を書いている時はもうクローズでした)

9月後半になるとシーズンオフ。
ロッジも、アラスカ鉄道も、バスも、観光に関するいろんな施設がバタバタ閉まってしまうのですね。

アラスカが冬を迎える準備を始める。

良ければ僕のFacebookグループに登録しませんか?

この後の僕のアラスカの旅やいろんなアラスカ情報を知ることができます。
たくさんの仲間と、アラスカを楽しみたいと思います。

★Save the Alaska!アラスカへの音楽の旅。

次の記事はコチラ!
アラスカ日記、下見編18「マタヌスカ氷河を目指せ!」

前回の記事はコチラ!
アラスカ日記、下見編16「ここがアイルソン!」

アラスカ日記、下見編17「オアシスのようなロッジがあった!」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。