アラスカ日記、下見編16「ここがアイルソン!」

デナリ国立公園の奥地の一つ「アイルソン」はこんなところ!!

すごい!デナリが見える。
ノースピークとサウスピーク、両方が見えます!

6000m級の北米最高峰です

植村直己は、ほんと良くあれに登ろうと思ったなあと、ほんとその凄さを肌で感じます。

この小さな植物達が

この景色を作っているんだ!

少しトレイルを散策しようかと思ったけど
どうやら近くまでクマが来ているらしく、トレイルは立ち入り禁止でした。

別の方のブログで、自由に赤い絨毯を散策できると書いてあったのに残念。

ビジターセンターはこんな感じで、国立公園の野生動物に関する様々な展示がありました。

ムースの足型!!でかい!

そしてここに来て、なぜか僕の目の前に、はっきりと姿を現してくれた動物はコチラ!

この穴、なんだろうとのぞきこんでいたら…


ジリス!!

僕の前に、まるで撮影されに来たかのようにじっと立っているんですよね。
大丈夫だろうか、生存できるのだろうか。。

そして、帰りには偶然通りすがりの川に姿を現してくれました。
グリズリーの親子です!

すみません、やっぱり小さいですね。。。

今回の国立公園の旅は、8時間なんてあっという間の時間で、近くまでは来てくれなかったものの、けっこうたくさんの野生動物を見ることができました。

このブログでは伝えきれないくらい!

せめて望遠レンズのカメラさえあれば…もっと皆様に動物の姿をお見せできたのに…と思いますが、それはちゃんとしたカメラマンのいる本収録編をお楽しみに。

(本収録ができるように、どうか記事最期のクラウドファンディング、よろしくお願いします!後1日!)

僕はなんといっても、人の暮らすスケールを超えた壮大な景色と
そんな景色の中で野生動物が暮らしていることに圧倒されました。

星野道夫さんの写真が、どうして動物単体でなく、風景と共に小さく動物を写すのか。

アラスカの子ども達に「自分の顔を描いて」 と紙を渡すと、真ん中ではなく隅っこに自分を書くのか。

ここに来てようやく実感をしました。


野生動物のすごいところは、ここから見えるところは全て、彼らの家だと言うこと!

人間よ、家に閉じこもっている場合じゃないぜ!

残り1日!!
来年の本収録の為の金額にどこまで近づけるか、
どうかよろしくお願いいたします!

★自然を知らない子ども達に、アラスカの大自然を贈るプロジェクト!(113%達成!残り1日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。