アラスカ日記、下見編13「ワタリガラスの導き、レコーディング4回目」

なんと、これまでレコーディングしてきた音はボツになってしまいました…!!

僕の録り方が悪く、使えないということでした。

なんと、この一週間の苦労が…。

アラスカの天気を見ても、雨が多くなりもう前半戦の日数もない。

この後からは「Denali Chino Natur Center」でのボランティア活動になるので、しばらくはレコーディングができない。

とにかく一曲でももう一度録ってみようと、小雨の降る中、もう一度カリーリッジトレイルの赤い絨毯を目指します。

アラスカの雨は、今のところ降ったり止んだりを繰り返す。
ずっと雨ということはない。

きっと晴れの隙間があるから、そこで録るしかない。
雨宿りのできないところだから、雨よけのブルーシートも持って行きます。

さあ行くぞ!山道の登りを含め4時間以内で終えられればギリギリ次の予定に間に合う。

途中の山道で、トレッキング中の老夫婦を追い越す。

「I record music in nature.」
「Oh very good!」

そんな会話をしながら、先に頂上まで行かせてもらいました。

天気が悪いからか、思ったより風が強い。

また赤い絨毯のところでセッティング。
赤い絨毯の季節ももうすぐ終わる。
これが最後のチャンスか。

こんな風にセッティングしました。

岩陰に隠れるように、ボーカルとギターのマイクを設置。

自然音を録るH3は、少し離れた場所で、低木の陰に隠れるようにしてみました。

これなら風は低木に遮られて当たらないし、尾根の向こうの川の音も少し入る。

でも僕の演奏場所との距離は10m。
少し遠いかなと思いながら、このセッティングで行けることを祈る。

今度は失敗のないように、各機器のセッティングをこまめに行いながら、何回か歌ってみる。

風に吹かれていることと、時折雨が当たることで、僕の体もどんどん冷えてくる。

演奏も声も、だんだんパワフルさが失われていく。

その時、甲高い声がして、僕の後ろの木から一匹のカラスが飛び立って行った。

ひょっとして、ワタリガラスじゃないのか!

ワタリガラスは、神話の生き物とされていて、アラスカの先住民には、ワタリガラスを祖先とする部族もいる。
星野道夫さんの本でも、紹介されていました。

そのワタリガラスが僕のレコーディングに入ってきた!

僕は一気にテンションが上がって、自分でも素晴らしい演奏をしたと思います。

今回のテイクは、偶然なのか、ワタリガラスが助けてくれたのか、奇跡のワタリガラスの声入りの「ガイアポップ」が録れました。

そのまま体力が限界になり、次の予定のために下山。

トレイルの帰り道で、先程の老夫婦の奥様と出会う。

彼女は小学校の先生をしていて、今はリタイヤして旅行しているらしい。

「あなたの歌を聴いていた。とても良い歌声だった。ワタリガラスが鳴いたね」

ちょうどあの場に居合わせてくれたんだ!
歌まで聴いてもらっていたなんて…。

アラスカ音楽収録前半戦にして、すごいシチュエーションがありました。
このテイクは生かしたい。

ありがとう、ワタリガラス。

残り4日!!
来年の本収録の為の金額にどこまで近づけるか、
どうかよろしくお願いいたします!

★自然を知らない子ども達に、アラスカの大自然を贈るプロジェクト!(106%達成!残り4日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。