アラスカ日記、下見編12「まだ諦めないぞ。レコーディング3回目」

ウィロークリークの森で、真っ暗になって
何の演奏も取れずに終わった日。

明日からは雨だから、少しでもレコーディングを進めたかったのに、無念…。

でもあれ、待てよ、天気予報を見ると

午前中だけ晴れマークが出てる!!

よし、明日の午前中に集中して、もう一度だけ録ろう!!

アンカレッジでお買い物!

これまでの下見と収録のハードワークで、日本から持って行った僕のトレッキングシューズとザックは壊れてしまった。

このままでは山にも登れないので、トレッキングシューズとザックをアンカレッジのREIで購入!!

トレッキングシューズはMEREL!!

映画「イントゥザワイルド」でも主人公が使ってたメーカーですね。

収録でどうしても足りない部品を探しに行く。
音声ケーブルのピンプラグからフォーンプラグに変換する、モノラルの変換プラグが欲しい。

アンカレッジの電気屋さんはこんな感じ!

ところが、いろんな店を回ってみるも、ステレオの変換プラグしか置いてない。

最終的には店員さんから「その部品はアンカレッジには売ってないよ」と言われてしまった。

変換プラグすらないなんて…

日本ならどこでも当たり前にある部品でも、やっぱり海外では事情が違う。

アンカレッジの住宅街。

日本と違って、こんな雰囲気の街なんですね。

ストリート沿いに、みんなポリバケツを出してるんだ。

PCを使うならここ!アンカレッジの図書館!

どうしても日本に送りたい音源データがあって、PCを貸してくれる場所を探して彷徨う。

紹介されたのはここ!「ルーサックライブラリー」

図書館と言うから、会員登録とか、いろいろ面倒だなと思ったら、誰でも使えるPCが置いてあった!

受付のおじさんに「PCを使いたい」というと、ログインのPWを書いた紙をもらうだけ。

皆さん、アンカレッジでPCに困ったらここです!

レコーディング3回目。

新しい森の場所を探すのは困難なので、また歩き慣れたカリーリッジトレイルへ。

この日は晴れ間を狙ってか、トレイルも何組かの家族連れで賑わう。

それでも他の場所よりははるかに静かで、ハイウェイの音もセスナの音もしない。

カリーリッジトレイルの中腹に、綺麗なシラカバの木を見つけた。

ここにしよう。

シラカバの木の根元を借りて、レコーディングにチャレンジしました。

またセッティングはこんな感じ。

ハンディレコーダーH3-VRは、自然音を録る為に、3mほど離して設置。

ボーカルは、iRig Mic HD 2をiPhoneに接続してレコーディング。
ギターは、ピックアップとマイク(SM57)両方を「iRig Pro DUO」をインターフェースにして、iPadに収録します。
それぞれ、iPhoneとiPadには収録アプリ「Mavis」を使っています。

今回は「始まりのムース」という一曲を集中して録ったのですが

とにかく歌ってる最中にいろんな登山客が来たり、ペットの犬が三脚の匂いをかぎに来たりと、なかなかいろんなことがありました…

でもみんな笑顔で僕のレコーディングを見守っていてくれて、僕も歌っていない時は

「hi!」
「how are you?」

と挨拶をしながら、楽しく過ごさせていただきました。

何度もNGテイクを繰り返して、何とかその中でOKテイクをひとつ、録って来ることができました!!

収録が終わるのを見計らったように、片付けを始める機材の上にポツポツと雨が。

お天気もギリギリ待っていてくれた。
自然が味方してくれた。本当にありがとう。

何とか大降りになる前に、車に辿り着くことができました。

果たして、皆さんにお聞かせできる作品に仕上がることを祈るばかりです。

次の記事はコチラ!
アラスカ日記、下見編13「ワタリガラスの導き、レコーディング4回目」

前回の記事はコチラ!
アラスカ日記、下見編11「都市近郊の森へ。レコーディング2回目」

良ければ僕のFacebookグループに登録しませんか?

この後の僕のアラスカの旅やいろんなアラスカ情報を知ることができます。
たくさんの仲間と、アラスカを楽しみたいと思います。

★Save the Alaska!アラスカへの音楽の旅。

アラスカ日記、下見編12「まだ諦めないぞ。レコーディング3回目」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。