リアルスナフキン、ムーミン谷に行く。ムーミンバレーパーク体験記。

森のシンガーソングライター山田証は、一年中旅をしながら、自然の中で歌をうたうミュージシャンです。

その衣装と、生き方がスナフキンに似ているそうで、リアルスナフキンとよく言われます。
(あんなにぶっきらぼうじゃないけどね)

自然の中で。

今回、埼玉県飯能市にムーミン谷ができたと聞いたので、どんなところかちょっとリアルスナフキンが行って来たよ。

どうやら「メッツァビレッジ」「ムーミンバレーパーク」2つの場所に分かれていて、僕が行ってみたところ

駐車場を降りて、すぐに現れる北欧風のショッピングセンターのような建物〜ムーミンバレーパークチケットセンターまでの間が「メッツァビレッジ」なのかな、と思います。

北欧風カフェとか
北欧風雑貨や家具とか
北欧風くつろぎタイムとか

「メッツァビレッジ」はすごく気になったのだけど、今回はまずは一直線に「ムーミンバレーパーク」を目指してみました!

ムーミンバレーパーク

北欧の街が!
びっくりした。

地元の人曰く「ただのどこにでもある人造湖」だった宮沢湖が

北欧になってる!!
(北欧のことよく知らんけど)

スタッフさんの制服もめっちゃかわいい。
一緒に写真撮ってもらっちゃった。
スタッフさん

さっそくチケットを買ってみる。
チケット
チケットは入園だけなら大人1500円、子ども1000円(4歳以上小学生以下)と良心的な金額。

でも、中に入ると入ってみたい有料アトラクションがたくさんあるので、結局1デイパス大人2800円、子ども1800円を買った方が安くついたりする。

1デイパスを買っても、誰もが乗りたくなる「飛行おにのジップラインアドベンチャー」は別料金1500円だったりするから要注意です。

なお、心ときめくアトラクションは多々あれど、遊具系のアトラクションはほぼ大人は遊べないので、子どもの心を持った大人は要注意。

森の空中トランポリン…遊びたかった…(対象年齢子ども)。
トランポリン。

おや、ムーミン谷のお馴染みの風景が。
湖畔

UIWAHUONE(水浴び小屋)です!
水浴び小屋。

小屋の中は、まるでさっきまで誰かいたかのような生活の跡!
生活のあと。

こんな風に、ムーミン谷にまつわるモニュメントがある度に、すぐそばのモニターで、それにまつわる物語が観られます。
モニター

無料でもらえるグッズがかわいい!

モニュメントがある度に、こんなかわいいシートがもらえる!
水浴び小屋シート

ムーミンバレーパークの良いところは、実は最初にこんなクリアファイルがもらえて…
クリアファイル

ムーミン谷のいろんな物語を集めて回れることだ!
いろんな物語

あ!この川を越えるとあれはまさか!
川の向こう

うおおー!あった、ムーミン屋敷だ!
ムーミンの家。

家の中も、もちろん実際に住んでいるかのような生活感!
ムーミンの家の中

「海のオーケストラ号」のアトラクションに入ってみる!

ムーミンと仲間たちの冒険を立体アニメーションで楽しめる!
(風が吹いてきたり、水飛沫が飛んできたり)
海のオーケストラ号

そしてもちろん行かなきゃ!
(むしろこの為に来た)

スナフキンのテントで写真撮ってみましたー!!
(ただのミーハー)
スナフキンのテント

そしたらなんとスナフキンがいたー!!
一緒に写真撮ってもらいました!(ミーハー)
スナフキン。
非の打ち所のないカッコよすぎるスナフキンと
隣でどうしてもニマニマしちゃうリアルスナフキンです!

このスナフキンのモデルさん、ちゃんと演技を徹底されていて、僕が話しかけてもニコリともしない。

「一緒に写真撮っていいですか?(≧∀≦)ノ」

「…ああ、いいよ(ボソッ)」

目を合わさない。
笑わない。
用が済むとスッといなくなる。

すげえ、完璧なスナフキンだ。

ムーミンバレーパークでは、もちろん他にもムーミン谷の住民達に会えるよ。

面白いのは、写真撮りたい時はちゃんと、自分から話しかけて、相手にOKをもらわないといけないこと。

ちゃんとそこで生きて、生活してるんだもんね。

ムーミン谷での「生活」を体験しに行く場所。

テーマパークだけど、テーマパークすぎない。

僕が数年前に、とある自然体験の資格を取りに行った時、一緒に講義を受けていた方が、まさにこのムーミンバレーパークの立ち上げに関わってる方だった。

まだムーミンバレーパークの場所も決まっていなかった数年前です。

その方は「派手なアトラクション施設ではなく、自然そのものを楽しむようなムーミン谷にしたい」とおっしゃってました。

「例えば、森の中に焚き火の跡があって、そこにスナフキンがいたような痕跡だけがあるとか」

まさにその通りの場所になりましたね。

僕が思っていたよりは、テーマパークっぽくはなっていましたが、そこはそれ。

テーマパークを期待してきた人も満足できるし、北欧の森の雰囲気を楽しみたい人も満足できる。

良い場所を作ってくださいました。

ムーミンバレーパークの皆さん、開園おめでとうございます。

リアルスナフキンとして、日本のムーミン谷を応援させていただきます!

この記事で紹介したのは、ムーミンバレーパークのほんの一部です!

ぜひ今度は自分の足で、ムーミン谷に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

森のシンガーソングライター

【筆者】森のシンガーソングライター山田証(あかし)

「歌う自然ガイド」として、日本全国の森で、森の歌コンサートを展開。

森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」を行う。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」での日本全国の森の旅は4年目を迎える。

クラウドファンディング「自然を知らない子ども達に、アラスカの大自然を贈るプロジェクト!」を達成率115%で達成し、2019年9月に一ヶ月間アラスカの森を旅する。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。
森林インストラクター(一社)全国森林レクリエーション協会認定

2019年より、株式会社DIVINE所属アーティスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。