めっちゃ癒される!森林のプロが教える「森で寝転ぶコツ①魅力編」

森に寝転ぶ。

皆さん、こんにちは!

この記事は、森林インストラクター兼シンガーソングライターとして活動している筆者が
自然の中に寝転ぶコツを、

森林のプロという専門家の視点と
アーティストとしての感性の視点と

両方からお伝えしてみようというブログです。

この記事では「森に寝転ぶコツ①魅力編」として

・森に寝転んでみたことはありますか?
・森ってどんなところ?
・背中を付けるとどんな感覚?
・寝転ぶだけで分かる、こんなこと!
・横を向くと、コビト視点。

の5項目に分けてお伝えしています。

「森に寝転ぶコツ②実践編」はコチラをクリック!

森に寝転ぶ2

・森に寝転んでみたことはありますか?

フカフカの落ち葉に寝転んで

鳥が飛び交い、いろんな声でさえずるのを聴いてみたり

風に合わせて、木漏れ日が揺れているのを眺めたり…

ほんと、気持ち良いんです。

誰しも子どもの頃は一度は体験したことがあると思います。

アーティスト目線での感覚で恐縮ですが

「自然の一部になる」って表現は妄想が多いけど

「実際にそれを感じられる一番近い感覚って多分これ!」と個人的に思っています。

そして、深山渓谷に行かなくても、

公園の一本の木の下に寝転がっただけでも、意外とディープな自然を感じることがあって、びっくりします。

★こちらのサイトに寄稿させていただきました。ぜひご覧ください。
.via キュレーションサイトNATURES.森のシンガーソングライター 証 「街の中でもできる、深い森の感じ方」

寝転んで見た風景。

・森ってどんなところ?

「森」という言葉は、とても広い意味を持ちます。

「森」と一口に言っても、日本には目的に応じて様々な呼び方が存在します。

人と自然の関わりからの呼び方としては「自然林」「人工林」「二次林」「原生林」など。
法律の面からの呼び方としては「自然公園」「国立公園」など。
生態系に関係する呼び方で言えば「落葉樹林」「照葉樹林」など。

例えばどこまでが「林」でどこからが「森」なのか?とか、考えてしまいますよね…

でもこの記事では、詳しく説明してもあまり意味がないので…

とにかく公園だろうが、山林だろうが

木立があるなら森

というざっくりな感じで行きます!

ごろん1
みんな本当は思い切り、森に寝転びたい!

でも、森の中に寝転ぶのって意外とハードルが高いようです。

いろんな人達に聞いてみると

・ どこなら寝転んでも大丈夫なのか分からない。
・ 近所の公園で寝転んでいると恥ずかしい。
・ 虫が苦手だから…

などなど…。

僕はいろんな緑地で「寝転ぶイベント」を行っているのですが、ある公園管理者から言われたことがあります。

「参加者がみんな寝転がっているイベントなんて、他の利用者がびっくりするので控えてほしい」

自然体験指導者の立場から言わせてもらえば、公園に寝転ぶことは、人と自然が触れあう上でも大切なことなのに

緑地に寝転ぶことすら難しくなってしまった現代社会…。

なので、この記事では特に都市に住む人が身近な緑地に寝転ぶためのコツ、を中心にお伝えして行こうと思います。

・背中を付けるとどんな感覚?

子どもの頃体操などで「友達と背中を付け合ってみた」時のことを思い出してください。

相手と背中を付け合うだけで「何だか相手と親しくなったような気持ち」になりませんでしたか?

僕はいつもシンガーソングライターとして、こんな感覚のお話をします。

「森に背中を付けると、森と親しくなった気がする」

これ、もちろんそう思うかどうかは個人の感覚次第なのですが、

気のせいだろうが、個人的な感覚だろうが、ほんとにそう思うんですもん。

あなたなら、どんな風に感じますか?

巨木の下で。

・寝転ぶだけで分かる、こんなこと!

この木は、どんな風に枝が伸ばしているんだろう?

どんな風に葉っぱが覆っているんだろう?

風がどこから吹いているのか。

太陽はどこからを照らしているのか。

キツツキのドラミングの跡を見つけたり、鳥の巣を発見したり…

寝転ぶと、普段は気付けないその場所の魅力に気付くきっかけとなります。

ごろん4

木は真下から見た姿が、一番美しいと筆者は思います。

それは、一粒の種から芽を出したその木が、どんな風に枝を伸ばし、どんな風に葉を付け成長して行ったのか

その木の一番アクティブな面が観られるからです。

寝転んだ視点。

・横を向くと、コビト視点。

寝転がったまま、横を向くと更に面白い。

「目線を低くして草むらを歩いてみる」というプログラムを、自然体験イベントで時々行うのですが

寝転ぶと、地面にもっとも近い視点で世界を覗ける!

この視点は、普段は自分が小人にならないと見えない視点なんですよね。

僕達の足元には、美しい風景が広がっているのです。

ヒカゲノカズラ。

これらは、近所の公園に寝転がるだけで分かる!ぜひ体験みてください!

さて、この記事を読んで「ちょっと公園に行って寝転んでみようかな」と思ってくれた人は
「森に寝転ぶコツ②実践編」もクリック!

「森に寝転ぶ」を体験できる、森のシンガーソングライターのイベントは下記から!

カレンダーの中のメニュー上部右側の「予定リスト」をクリックすると森の歌会の予定が見やすくなります!

<div class=”googlecal”>

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「歌う自然ガイド」として、日本全国の森でコンサートを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」は、これまで全国で100回以上の開催、1300名以上の方にご参加いただきました。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる知識などを広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

★森のシンガーソングライターと旅をしてみませんか?
【夏休み】災害に強い親子になろう@親子車中泊キャラバン2018
ココニクル号。

★いよいよ、多摩川の最初の一滴を探す源流の旅へ。
特別なイベントが始まるよ!!
【特別イベント】7/21(土)多摩川の源流で、あなただけのプレゼントソングを作る、癒しの歌トレッキング@水干
山ブドウとサルナシ。

★クラウドファンディング2018「オフィスの中にいても、都市を歩いていても、まるで深い森の中を歩いているようなCDを作りたい!」
達成目標額725,000円(現在390,000円)
森の中で。

★オフィスで働く皆さん向けに”オフィスから行ける森の旅”のLINE@はじめました!

★学校に行けない子ども達や、引きこもりで悩む人達に”学校を出て、森へ行こう”のLINE@はじめました!

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

この記事も読んでみてください!

めっちゃ癒される!森林のプロが教える「森で寝転ぶコツ①魅力編」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。