「城峯山キャンプ場の行き方」埼玉県秩父市のパワースポット!

この記事では、城峯山キャンプ場の行き方をご案内しています。

城峯山キャンプ場は、埼玉県秩父市の奥、標高900m近くにあります。
ここは全国でも珍しい、神社の境内の中にあるキャンプ場

まごうことなき、パワースポットです!
キャンプ場の霧1

僕は全国の森を歩くうちに、パワースポットに来ると体が反応するようになり、言われなくても「ここはパワースポットだ」と分かるようになってしまったのですが(ほんと)

ここはまごうことなき、パワースポットです!(もう一度)

昔の人が神社を建てる時って、やっぱりこういう場所を選んでいるんですね。
昔の人はパワースポットだと分かっていて、神様を祀るんだなあ。

僕が行った時は、梅雨の時期だったこともあり、神社もキャンプ場も一面に神々しい霧に覆われていました。
キャンプ場の霧2

地元の方が言うには、この霧が晴れた時、眼下に雲海が見えるそうで、それは見事なんだとか。

この場所から城峯山山頂まですぐ近くなので、気軽なハイキング気分で登山も行えます。

さて、そんな城峯山キャンプ場の行き方なのですが、まず気を付けないとならないことは

城峯公園キャンプ場 (埼玉県児玉郡神川町矢納1277−3 )とは全く違う場所です。

これ、間違える人多いんだそうですよ。同じような名前ですしね。

この記事で紹介しているのはこちらのキャンプ場!

「城峯山キャンプ場」
〒369-1504 埼玉県秩父市吉田石間4713
0494-77-0573

このキャンプ場にたどり着くまでには、車で山道をくねくねとどこまでも進んで行ったり

途中に何度も「この道は林道です!通行注意」の看板があったりして、初めての人が行くと「本当にこの道で合ってるの?」「ここは通っていい道だったの?」と不安になるんですよね。

でも大丈夫!
城峯山キャンプ場は、そんな道を心を折られずにどこまでも進んだら…

これはもう完全に道を間違えてるんじゃないかと思った頃に着きます!(不安!)

なので、この記事ではそんな人が少しでも安心できるように、そして素晴らしいパワースポットでもある城峯山キャンプ場の利用者が少しでも増えてくれるように、道順をなるべくわかりやすく書いてみたいと思います。

今回ご案内するのは、埼玉県秩父市吉田石間側からの登り口。
道順1
埼玉県秩父市吉田石間3867の辺りまでカーナビで来てもらうと、こんな立派な鳥居があります!
ここから車で城峯山キャンプ場を目指します。

ここからどんどん坂を登っていくと…
道順2
最初の分かれ道です。「城峯山登山道」と「城峯山キャンプ場」の二つの看板がありますが、キャンプ場の方(左)に向かいます。

集落の先の分かれ道です。
道順3
「城峯山登山道」と「城峯山キャンプ場」の二つの看板がありますが、キャンプ場の方(左)に向かいます。

↓青い道路標識と「城峯山キャンプ場」の看板、道が二又に分かれているので右に進みます。
道順4

(しつこいくらいの「通行注意」の看板があり、不安になります)

↓道路の右手に「吉田?観光イラストマップ」と書かれた看板が見えてきます。看板は薄れて読めないのですが、この看板を通り過ぎます。
道順5

↓「城峯神社」の看板と「城峯山キャンプ場」の看板、矢印に沿って進んでください。
道順6

↓青い道路標識のところは二又に分かれているので右に進みます。
道順7

↓東屋とトイレがある看板のところをそのまま通り過ぎて…
道順8

「城峯神社参道」と書かれた縦に細長い看板のところも、二又に分かれているので右へ。
道順9

ようやく到着!!ここからが城峯山キャンプ場です。
道順10

↑の看板の手前に、左の大きな原っぱに降りる道があって、原っぱが駐車場になっています。
道順11

どうでしょうか、到着までにかなり走るイメージがありますが、だいたい最初の鳥居のところから城峯山キャンプ場までは
さくさく行くと30分くらい。
という感覚でしょうか。ゆっくり安全運転で進めばもっとかかるかも。

途中、舗装が崩れている道路や落石注意の場所があったりしますが、貴重な深い自然を感じられる場所で、僕が車で走った時は

行きはリス、帰りはノウサギに出会いました!

城峯山キャンプ場は素晴らしい場所ですよ。気を付けていってらっしゃい!

「城峯山キャンプ場」
〒369-1504 埼玉県秩父市吉田石間4713
0494-77-0573

http://www.ryuseinomachi.co.jp/camp/joumine.htm

城峯山キャンプ場でこんなイベントしてみたよ!
まるで森の学校のようでしたね。レポ「親子で椅子を作るキャンプ@秩父市マルシン建設」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。