森のシンガーソングライターの「森の音楽講座」(2019年1月~3月)

この記事の目次(クリックすると移動できます)

森のシンガーソングライターの「森の音楽講座」始まります!
講座と日程一覧
講座の詳しい内容と料金
お申し込み、お問い合わせ
講師プロフィール

写真提供(佐藤剛 https://www.facebook.com/profile.php?id=100002872352726)

森のシンガーソングライターの「森の音楽講座」始まります!

音楽は森から生まれたもの。

ギターを弾く時に、木々や草花に囲まれて、鳥の声や風の音と共に音楽を奏でてみると
ああ、音楽ってやっぱり森から生まれたものなんだなあと分かります。

数多くのギター教室やボーカル教室がありますが、森のシンガーソングライターが提案するのは

森の中で学ぶ演奏法です。

森の中で演奏することはとても気持ちがいいのです。

僕のイベントに参加した方が「森の中で音楽を聴くとなんて気持ちいい!」と感想をくださいますが、実は森の中で演奏することもとてもとても気持ちがいいのです。

ギターを奏でたり、歌を歌ったりする度に、たくさんの草木が耳を澄ませて聴いているのが分かります。
この時僕は、まるで森そのものと対話しているような気持ちになるのです。

人間の出す大きな声や音と違って、自然の生き物の声は小さく繊細で、とても美しく流れています。
それをちゃんと感じながら演奏すると、自分もまた繊細な表現をするようになるのです。

森の環境は、気持ちをリラックスさせ、集中力も高めます。
森の中で声を出すこと、そして音楽を奏でること自体が、どれだけ僕の心や体の健康に寄与しているでしょうか。

でも実は、森の中で演奏する時には、様々なルールがあります。
森はたくさんの生き物の住みか。できるだけ森の生き物の暮らしを損わないような方法を知っておきたいですよね。
そして日本には森に関わるたくさんの人達がいて、どこでも気軽に演奏を始めてしまったら、思わぬ迷惑をかけることにも繋がります。

この講座でお伝えするのは

「森で何かを行う時の基本ルール」「森の中での安全管理の仕方」から
「声を出す為の体づくり」「森と調和する為の演奏の仕方」など様々です。

通常のギター教室のように、演奏を上手に行う為と言うよりは
「森の力をうまく借りて、気持ちよく演奏する」為のスキルです。

ギターが初めての方も、すでにスキルを持っている方も、ぜひ一度「森の音楽講座」受けてみてください。

日常の中で反復してスキルを磨く。森と対話する。

ギター演奏や、声楽もそうですが、一つ二つの講座を受けてすぐにできるようになるものではありません。
この講座でお伝えするのは「日常で反復して練習できる」コツを交えたものです。一つの講座(4時間)の中で学んだことを、あなたの日常に持ち帰って、ぜひ身近な自然の中で反復練習してみてください。

練習が進む度に
自然の対話がどんどんできるようになる。
そしてあなたの演奏スキルも上がっていく。

そんなことを教える講座です。

写真提供(佐藤剛 https://www.facebook.com/profile.php?id=100002872352726)

講座の開催場所と日程一覧

※ 会場は東京都青梅市内の私有地を予定しています。お申込いただいた方に詳細をお送りします。
※ 会場へはJR青梅駅からバスに乗り換えてお越しいただくか、お車でのご来場となります(現地無料駐車場有)。

1/22(火):体づくり① 
2/1(金):体づくり②
2/5(火):歌い方① 
2/8(金):歌い方②
2/12(火):ギター演奏①
2/15(金):ギター演奏②
2/19(火):弾き語り①
2/22(金):講義①
2/26(火):講義②
3/1(金):弾き語り②

※ 上記の日程の講座を全て受けていただくことがベストですが、スケジュールの合わない方はお好みの講座を選んで受けることもできます。
※ 原則①②の講座はセットになっていますので、どちらか片方だけで受講することはできません。
※ ギター演奏は弾き語りができる程度のレベルまでの講座です。高度な奏法などを極めたい方はぜひ通常のギター教室にも通ってみてくださいね。
※ 講座は原則森の中で行いますが、雨天の場合は室内で雨の音を感じながら行う場合があります。

講座の詳しい内容と料金

★体づくり~発声法(森に体を委ねる大地を感じて歌う為の体づくり)

自分の体の中の水と対話しながら解していくこと、森の起伏ある大地と足の裏で繋がり声を出すこと
プロの俳優が行う野口体操をベースにした、声を出す為の体づくりから発声法をお教えします。
少人数制なので、一人ひとり丁寧にレクチャーすることができます。

講座① 2019.1.22(火)14:00~16:00
講座② 2019.2.1(金)14:00~16:00

持ち物:体操のしやすい服装、帽子、筆記用具、メモ用紙、防寒着、飲み物など
講座料金:①②合わせて1名12,000円(税込)

★歌い方(自然と共に歌う為の方法)

歌っている時に、時々自然の音が共演してくれることがあります。鳥の声や風の音があなたの歌に調和してくる。
なぜそれが起こるのか、どのようにすれば起こるのか、そんな「森で歌う」レクチャーと共に
自然の中で歌う為の音程の取り方、喉の使い方をお教えします。
少人数制なので、一人ひとり丁寧にレクチャーすることができます。

講座① 2019.2.5(火)14:00~16:00
講座② 2019.2.8(金)14:00~16:00

持ち物:体操のしやすい服装、帽子、筆記用具、メモ用紙、防寒着、飲み物など
講座料金:①②合わせて1名12,000円(税込)

★ギター演奏(基本的な弾き語りの為の奏法。すでに一定以上演奏スキルのある方は受講不要です)

この講座は、ギターの初心者用の講座です。基本的なコードやタブ譜の読み方を覚えながら
演奏の姿勢や指の使い方、普段から行いやすい反復練習法を学びます。
こちらも、自然の音がたくさんある中で練習するのは楽しいんですよ。
少人数制なので、一人ひとり丁寧にレクチャーすることができます。

講座① 2019.2.12(火)14:00~16:00
講座② 2019.2.15(金)14:00~16:00

持ち物:ギター、カポタスト、チューナー、予備の弦、ニッパー、譜面台、筆記用具、メモ用紙、防寒着、帽子、飲み物など。
講座料金:①②合わせて1名12,000円(税込)

★講義(森林概要、森の使い方など)

森林って何?どんな生き物がいるの?日本の森にはどんな人たちがどんな風に関わっているの?
森林そのものについての一般的な知識から、森林に入る時の知られざるルール、安全管理の方法などを座学で学びます。

講座① 2019.2.12(火)14:00~16:00
講座② 2019.2.15(金)14:00~16:00

持ち物:筆記用具、メモ用紙、防寒着、帽子、飲み物など。
講座料金:①②合わせて1名12,000円(税込)

★弾き語り(具体的に森の中で弾き語りをして、森と調和してみましょう)

この講座は、これまでの講座の締めくくりとしての発表会を兼ねています。
原則として、全ての講座を受けていただいた方のみが受講できます。

講座① 2019.2.22(金)14:00~16:00
講座② 2019.2.26(火)14:00~16:00

持ち物:ギター、カポタスト、チューナー、予備の弦、ニッパー、譜面台、筆記用具、メモ用紙、防寒着、帽子、飲み物など。
講座料金:①②合わせて1名12,000円(税込)

お申し込み、お問い合わせ

お申し込みは下記のフォームより、講座名、お名前、人数、返信用メールアドレスを添えてご連絡ください。
http://akashi.uzura.info/mailform/

講師プロフィール

山田証(やまだあかし、森林インストラクター、シンガーソングライター)
証。

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「歌う自然ガイド」として、日本全国の森でコンサートを展開しています。

森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」は、これまで全国で100回以上の開催、1300名以上の方にご参加いただきました。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など
自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる知識などを広めています。

本名 山田証。福井県出身。舞台俳優、シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。