【山梨】5/4(土)樹海で生命を感じる、大地に寝転ぶコンサート!

樹海2

樹海に歩いたことがありますか?

樹海は、青木ヶ原樹海、あるいは富士の樹海とも呼ばれています。
大古の昔から脈々と息づいてきた木々が海原のように見えることから「樹海」と名付けられたそうです。

「自殺の名所」「コンパスが効かない」など、不穏な噂ばかり聞きますが
実際に樹海の中に入ると、溜息が出るくらい美しく、荘厳な自然に圧倒されます。

タイトルにある「生命を感じる」とは、人が命を絶つ場所という意味ではないのです。
1200年もの昔からこの地に根付き、美しく生きてきた森から、生命の意味を学ぶ、そんな時間にしたいと思っています。

日本全国の森で行われている「ごろんコンサート」は、大地に背中を付けて、癒されながら森を学ぶコンサートです。
今回は、樹海をみんなで歩いて、いろんな場所に寝転びながら「歌」を聴いて

あなたの生きる力と、森の力を、あなたの五感で感じてみましょう。

講師は、樹海ガイドの小関勝則さんと
シンガーソングライター&森林インストラクターの山田証が務めさせていただきます。

1200年の森の中で、素晴らしい自然との対話の時間をみんなで作るコンサート!

樹海7

樹海1

【樹海とは?】

富士山麓の北西、標高920 – 1300メートル付近に広がる。面積はおよそ30平方キロメートルである。貞観6年(864年)に、富士山の北西山麓で大規模な噴火活動(貞観大噴火)が発生した。流れ出た膨大な量の溶岩は大室山を迂回して流れ、森林地帯を焼き払った末に、北麓にあった広大な湖・?の海に達し、大半を埋没させた。やがて溶岩地帯には、1200年の時を経てツガやヒノキを中心にハリモミ、ヒメコマツ、アカマツなどの針葉樹やミズナラなどの広葉樹の混合林である原始林が形成された。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E3%83%B6%E5%8E%9F)

【こんな人におすすめ!】

・深い自然の中で感覚を澄ませてみたい!
・何もかも忘れて自然に埋もれたい。
・心の不安をいつも抱えている。
・最近うまく眠れない。
・言いたくても言えない思いがある。
・自分の生きる意味を知りたい。
・樹海の自然の知識を知りたい。

樹海8

樹海9

★イベント概要

【日時】 

2019.5.4(土)10:00~15:00くらいまで

【待ち合わせ場所】

「道の駅なるさわ」駐車場 10:00までに集合(厳守)
(山梨県南都留郡鳴沢村8532-63)
http://www.vill.narusawa.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=7302

【スケジュール】

10:00 待ち合わせ、受付

10:30 トレッキングしながらコンサート会場へ

13:00 樹海でお弁当交流会

14:00 トレッキング帰路

15:00 トレッキング終了

15:30 道の駅なるさわにて解散

【持ち物】 歩きやすい靴、長袖の上下、防寒着、帽子、飲み物、おやつ、(お子様の)お弁当など。

【最小遂行人数】 大人5名以上

【お申込み、お問い合わせ】

前日までの事前申し込みが必要です。
下記のフォームより、お名前、人数、お子様がいる場合はお子様のご年齢、返信用メールアドレスを添えて送信ください。
http://akashi.uzura.info/mailform/

※ イベントについてはできる限り安全管理に努めますが、損害保険等加入はございませんのでご了承ください。
※ 雨天時は中止となります(個別に開催の有無をお知らせいたします)。
※ お食事に関して、アレルギーなどのある場合は、事前にご相談ください。
※ 本記事の写真はイメージです。

★講師紹介

【樹海ガイド:小関勝則(静岡県環境学習指導員)】
小関さん。

青木ヶ原樹海って怖いイメージがあると思いますが四季おりおり、色々な顔を見せてくれる素晴らしいパワースポットです。
5月は芽吹きの季節で新緑の輝きを感じることが出来ると思います。

【演奏、イベント進行:山田証(シンガーソングライター、森林インストラクター)】
樹海4

「歌う自然ガイド」として、日本全国の森でコンサートを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」は、これまで全国で200回以上の開催、2000名以上の方にご参加いただきました。

森の中で感性のアンテナを開く方法や、知識を想像力に変える方法、定住しない生き方から学べる意識の変化など
生活に役立つ森からの知識などを広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。

2015年 国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」に登場。
2018年 第33回国民文化祭・おおいた2018にて、九重エリアでの講師を勤める。

【雑穀料理お弁当:暮らすように泊まる宿「ほっこり屋」】
ほっこり屋。

暮らすように泊まる宿「ほっこり屋」
〒400-0606 山梨県 南巨摩郡
山梨県南巨摩郡富士川町十谷148
https://hokkoriyado.jimdo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。