【大分】3/29(金)食べられる野草を知る、春の恵みの黒島コンサート!@臼杵市

野草。

春を感じる森を歩き、食べられる野草を探すコンサート、今回はなんと島編です!!

ヨモギ、セイタカアワダチソウ、クズ、ハルジオン…

私達の身の回りに生えている普通の草が、実はとても力のある食べ物なのです。

春の芽吹きの力に溢れた植物は、身体に力をくれると共に、冬の間に溜まったものを外に出すデトックス効果も期待できると言われています。

今回は、臼杵市の豊かな海を望む知る人ぞ知る秘境、黒島!

自然の中に寝転がって、シンガーソングライター山田証のアコースティックコンサートもお楽しみいただけます。

春の力を、あなたの口と耳で食する時間です。

【こんな人にお薦め!】

・ 身近な自然を日常生活に役立てたい!
・ 自然のことに詳しくなりたい!
・ 森の中で歌を聴いてみたい!
・ 心の休まる場所に行きたい。
・ いろんな人と交流したい。

★黒島ってこんなところ!(ご参照ください)
「臼杵の「黒島」どうやっていくの?」

このイベントの中で、新作アルバム「森に寝転ぶ為の歌〜hundred leaf rain」を購入すると

福井県大野市の森を360度で観られるVR動画をプレゼント!

詳しくはコチラ!
「VR動画プレゼント!目と耳で、森に連れていくプロジェクト!」

野草

木に触れる2

木に触れる

天婦羅野草

差し入れ。

イベント概要

【日時】 2019.3.29(金) 10:00~15:00

【スケジュール】

09:30 参加者集合(船着き場に集合)~船で黒島へ渡ります

10:00 イベントスタート(黒島の自然ガイド~野草収穫)

黒島の所々で寝転んだり、景色を眺めながらコンサートを聴きます。

12:00 キャンプ場にて野草調理開始

13:00 ランチ交流会

15:00 終了~後片付け~黒島現地にて解散

※ 野草調理は参加者と行います。十分な量でない可能性もありますので、お弁当などお持ちください。

【参加費】 大人1名2500円、小学生以下500円(コンサート参加費、野草講座費、渡船料込)

【定員】 20名程度まで

【待ち合わせ場所】 黒島への船着き場駐車場
(大分県臼杵市佐志生)
※ 渡船料は参加費に含まれておりますが、
※ 駐車場は本来有料ですがオフシーズンの為、無料となっています。

【持ち物】 帽子、汚れても良い服装(長袖長ズボン)、防寒着、軍手、レジャーシート(寝転べる大きさのものがあれば尚良し)、コンビニなどのビニール袋、シャベル、マイカップ、マイ皿、マイ箸、お弁当、持ち寄りたい食べ物、飲み物など。

【お申込み、お問い合わせ】

前日までの事前申し込みが必要です。
下記のフォームより、お名前、人数、お子様がいる場合はお子様のご年齢、返信用メールアドレスを添えて送信ください。
http://akashi.uzura.info/mailform/

※ ランチ時にみんなで野草天ぷら、野草のお浸しの他、野草茶などを作ります。お弁当などは各自お持ちください。
※ できる限り安全管理に努めますが、保険加入はございませんのでご注意ください。
※ 雨天時は中止となります。
※ お食事に関して、アレルギーなどのある場合は、事前にご相談ください。
※ 本記事の写真はイメージです。

森のシンガーソングライター山田証(あかし)プロフィール
証。

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「歌う自然ガイド」として、日本全国の森でコンサートを展開しています。

森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」は、これまで全国で100回以上の開催、1300名以上の方にご参加いただきました。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など
自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる知識などを広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。