【東京】3/17(日)海に繋がれ!多摩川クリーン&野草を食べる交流会@多摩市

ゴミ拾い。

※ お申し込み締切は3/16までとさせていただきます。

★スケジュール① 10:00~11:30 多摩川クリーン (9:30中河原駅集合)

ゴミを拾って心を置いて行こう。

多摩川河川敷は、上流に捨てられたゴミや都市生活のゴミが、流れてくる場所。

川はやがて海へとたどり着きます。

ゴミが海まで流れていく前に、ここで止めよう!

この時間は、みんなで多摩川を歩きながら、少しずつゴミを拾っていきます。

そして、多摩川の生き物を観察したり

中州で川を眺めながら歌を聴いたり

寝転んで歌を聴いたり

自然のこと、地球のことを語りながら、歩いて行く時間です。

波と遊ぶ。

★スケジュール② 12:00~15:00 野草を食べる交流会

ヨモギ、セイタカアワダチソウ、クズ、ハルジオン…

私達の身の回りに生えている普通の草が、実はとても力のある食べ物なのです。

春の芽吹きの力に溢れた植物は、身体に力をくれると共に、冬の間に溜まったものを外に出すデトックス効果も期待できますよ。

森のシンガーソングライターが春の野草を振舞います!
お酒もありの環境を語る焚き火交流会!

みんなで春を楽しむ素敵な時間にしましょう。

お申し込み、お待ちしております!

(イベント概要は下記へ↓)

たき火。

★イベント概要

【日時】2019年3月17日(日)

10:00~11:30 多摩川クリーン
12:00~15:00 焚き火交流会

【多摩川クリーン集合場所】

9:30 京王線中河原駅改札(改札口は一つです)
※多摩川クリーンは途中参加が難しいので、必ず集合場所からご参加ください。

【野草交流会の場所】

12:00~ 東京都府中市郷土の森BBQ場
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/shisetu/kankyo/koen/barbecue.html

【参加費】

・多摩川クリーン: 無料
・焚き火交流会: 大人1名3000円(飲食材、コンサート参加費)小学生以下無料

※ 交流会では、こちらでも軽食+飲み物をある程度ご用意しておりますが、足りない場合もございますので、ご自分の食べたいもの、飲みたいものはお持ち寄りください。

【参加者持ち物】余っているスーパーの袋、軍手、防寒具、長靴、タオル、(交流会参加の方は)昼食お弁当、交流会飲食物など。

【その他】

・ 多摩川クリーンは、途中参加の合流が難しいので、事前申し込みの上、集合時間(9:30中河原駅)からのご参加でお願いいたします。
・ 焚き火交流会は、直接現地に来ていただければ、途中参加可能です。
・ 交流会の飲食物は持ち込みもOKです。アルコールもOK!持ち寄りも歓迎です。
・ 保険加入などはございませんので、安全管理など気を付けてお過ごしください。
・ 焚き火は直火ではなく、ファイヤープレイスの上で行います。
・ 雨天荒天の場合は中止となります。

【お申込み、お問い合わせ】

お申し込みは下記のフォームより、イベント名、お名前、人数、お子様もいる場合はご年齢、返信用メールアドレスを添えてご連絡ください。
http://akashi.uzura.info/mailform/

【多摩川クリーン講師:相良菜央】(さがらなお、海のインタープリター)
菜央

幼稚園教諭、海辺の自然体験プログラムや星空解説などを通して、自然の美しさや温もりを様々な人に伝える活動をしています。

幼い頃イルカが好きになり、そこから海・森・宇宙・・・と、自然の全てを大切に想うようになりました。自然界のつながりを感じ、環境問題について考え、たくさんの人と未来への一歩を広げていくことを目指しています。

高校生の頃、人の心に寄り添い励ます詩集「輝未へ(きみへ)」を出版。
地球の未来を考えるライフワーク、環境問題への取り組みとして、キャンプリーダー、ワークショップ経験多数。小学校教諭免許保持。

【主催:森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】
証。

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「歌う自然ガイド」として、日本全国の森でコンサートを展開しています。

森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」は、これまで全国で100回以上の開催、1300名以上の方にご参加いただきました。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など
自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる知識などを広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。