【福岡】12/1(土)森×音楽のピクニック!冬の大地に寝転んで聴くコンサート♪@源じいの森

寝転ぶ。

子どもは森が大好きです。
大人も森は大好きです。

「でも森の中って、どんな風に楽しんだらいいのかな」
そんな風に思ったことありませんか?

森は知れば知るほど、子ども達をどこまでも楽しく遊ばせてくれるし
楽しさも厳しさも、自分の体で学べるように、森がいろんなことを教えてくれます。

今回は、コンサートを楽しみながら親子で学ぶ、森の遊び方体験講座!

大人と子どもが、森の中でどんな風に過ごしたら楽しい?
そんなことを、森のアーティストが楽しい音楽と一緒にレクチャーします!

親子で森へ。

森に寝転ぶ。

こんな親子にオススメ!

・ 音楽が大好き!
・ 野外保育に興味がある。
・ 感性を使った森での遊び方、森との繋がり方を知りたい。
・ 森での注意点、どんなことが危険なの?も知りたい。
・ 子どもと森へ行っても、自分が楽しめないことがある。
・ 森が好きすぎて、とにかく森に行きたい。
・ 癒しの音楽を森で楽しみたい。

こんなことするよ!

・ 森の景色を見ながら楽しむピクニックコンサート!
・ 森の楽器を作って、みんなで行進!
・ 絵本読み聞かせ。
・ 森林インストラクターによる自然解説と森の過ごし方講座。
・ 深く森と繋がるための感性のプログラム。

寝転ぶ。

イベント概要

日時:平成30年12月1日(土)12:30~16:30
   ※昼食は済ませてから集合してください。

参加費:大人1名3000円(中学生から)、こども1名1000円(2歳未満無料) 
   ※入場料は参加費用に含まれています。集合場所でチケットをお渡しします。

持ち物:長袖の上下、防寒具(多めにお持ちください、できればスキーウェアくらいが安心)、寝ころべるシートやマット(持っていない方は貸出できますので事前にご相談ください)、足元のしっかりした靴、空のペットボトル(1人1つずつ、500mlか350mlのもの)おやつ、飲み物など

場所:源じいの森 グリーンシャワーガーデン
(福岡県田川郡赤村大字赤6933-1 http://www.genjii.com/
   ※集合場所はグリーンシャワーガーデン入口です。

源じいの森って、こんなところ!
源じいの森1

源じいの森2

雨天時について

プロジェクターを使って、森の姿を見ながらコンサートを聴きます。
雨の様子を見ながら、少しだけ雨の森を散策するかも。
開催&集合場所:源じいの森 ほたる館 研修室Aで行います。
持ち物:上記の持ち物にレインウェアが追加となります。
お申込の方に、個別にご案内させていただきます。

お申込、お問い合わせ

下記のフォームより、イベント名、お名前、参加人数、お子様の場合はご年齢、返信用メールアドレスを記載して、お問い合わせください。
http://akashi.uzura.info/mailform/

スタッフからのメッセージ

『森へ遊びにいこう』

冬の森には何があるかな。

おとなも こどもも 一緒になって、森からの語りかけに耳を澄ませてみよう。

私たちは毎日 外を歩きたくて でかけてゆく。

なんでだろう。

何かを感じたくて。

何かと出逢いたくて。

おとなでも こどもでも なにかをみつけた時の喜びは おんなじ。

「お ー ー ー い !!!」  「みてみてーー!!」 

と、誰かに伝えたくて 声をかけたくなるんだ。

「自然とのつながり方や遊び方をもっと知りたい!」と思った私たちは、

森のシンガーソングライター証さんをお招きし、自然から受けとること、森の中での過ごし方などレクチャーして頂くことになりました。

今日この時だけ。ではない、いつもの日常でふと感じることのできる自然とのつながり方を。

集まって語りあって感じあう

冬の大地に寝ころんで聴く歌

それぞれが感じる森へ

あなたと行きたいんだ。

さぁ、一緒に森へ行こう。

自然散策。

森のシンガーソングライターの森と遊ぶプログラム例

ペットボトルマラカスで森と会話!!

ペットボトルマラカスって、すごく良いプログラムだと思うんですよね。

森から集めてきたものをペットボトルの中に入れながら、親子で

「これ、綺麗だよねえ」とか
「これなんだろうね」とか

親子が自然物に
ついて話し合う機会になる!

ドングリの帽子だけ見つけたり
宝石のようなサクランボを見つけたり
綺麗なお花を入れたり
いろんな色の石を見つけたり。

「これなんだろうね」と子どもと一緒に図鑑を広げられたら尚、いいですよね。

そしたら、自然物を入れた楽器を鳴らしながら行進をしていきます!

森のシンガーソングライターのプログラムは、木に挨拶をしながら、木の解説をして行きます!

木の名前も憶えられて、自然へのコミュニケーションの感性も育てる!

ごろん1

森に寝転ぶ!ごろんコンサート!

背中を付けることは、自然と親密になること。

背中を付けてみるだけで、まるで自分が自然の一部になったように感じることがあります。

フカフカの落ち葉に寝転んで、ただ森を眺める。
時折、鳥が飛び交い、枝が揺れる。

だんだん自分が森と一体になったような感覚になるんです。

見上げた景色。

【ごろんコンサートの感想】

梢の枝が、歌と同じリズムで揺れていた。すごくリラックスできた(茨城県久慈郡、20代女性)

寝転んで、ギターの音が始まった時は、すごい体験だと思った(茨城県久慈郡、自然体験施設所長)

セミの歌とギターの音が共演していた(主婦、山梨県北杜市白州)

木が踊っているようだった。木と仲良しになれた(小学生女子、山梨県北杜市白州)

木の根っこのところにいたので、森と一体化して、鳥とか虫とかが、自分に止まってくるようだった(主婦、山梨県北杜市白州)

ここで寝ころんで歌を聴いた時、自分が土の中に溶け込んでいる感じ。そしてまた自分が大地から循環してもどってきたみたい(主婦、山梨県北杜市白州)

歌が、背中の土から伝わって来た。音は地面を伝わるものなんだと分かった(主婦、山梨県北杜市白州)

森の中に寝転ぶことが初めて。普段は虫も気になってしまうのに。(50代女性、静岡県牧之原市にて)

森と家族になったみたい。森のことが何だかわかった(小学生男子、埼玉県飯能市にて)

森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール

証プロ画

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「歌う自然ガイド」として、日本全国の森でコンサートを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」は、これまで全国で100回以上の開催、1300名以上の方にご参加いただきました。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる知識などを広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。