限られた時間の中で最高の演奏を。森のフィールドレコーディング1日目。福井県大野市。

待ち時間に練習。

この森の姿をどう表現したらいいだろう。

今日は、六呂師高原ノーム自然環境教育事務所さんの「ハックルベリーの森」での、森のフィールドレコーディング1日目。

一年でもっとも森が心地良くなる季節、5月。

そのGWの最中、前日は気持ちよいくらい晴れて、翌日も晴れ。

なのに今日だけ、雨模様。そしてなんて美しい。
雨の高原。

そもそも北陸地方は、1年のうち70%が雨か曇りになると言われる多雨地方。

例えば東京で降水確率50%だったら「まあ晴れるだろう」と思うかもしれないが

福井で降水確率50%だったら「まあ雨だよね」という判断をする。

だから福井県の森で収録と決まった時に、もっとも雨の可能性の少ない季節を選んだつもりでした。
それでもピンポイントで今日だけ雨が降るのだから、さすが北陸!と言わざるを得ない。

天気予報では大野市は朝6時から15時まで弱い雨。

でも僕の希望は完全に15時以降に向いている。

なぜなら、これまで訓練して来て、早朝からどれだけ頑張って声を出す準備をしても、本当に最高の声が出るのは早くても14時以降からだからです。

だから僕の希望は、どれだけ早くこの雨が止んでくれるかにかかってる。

そこに向けて、早朝から訓練開始。

いつも通り、柔軟体操から野口体操、発声練習と進めていく。

森のフィールドレコーディングが決まった時、僕がそれ用に訓練をリニューアルしたのは

どんなプロセスで体を準備していくと、どんな声が出るのか。

1日のうちでどの時間帯にどんな声が出るのか。

ということでした。

訓練はいつも行っていることだし、特別に何かを加えたりはしないけど

でも、自分の体を知る、ということを重点的にやっておりました。

その為には、毎日同じ時間から訓練を始めて、この時間にはこういう声が出る、というように体に1日のリズムを慣れさせるということが必要でした。

弾き語りで1発録りをする。

時間も限られた中で、最高の演奏をする。

しかも6曲を1日で録らなければならない。

ということは、1曲を2回もしくは3回。
その回数の間に満足のいくものを出さないといけない。

しかも回数を重ねていけば声は疲れてくる。

どのくらい間を空けたらいいのか、どんな風に体をリセットできるか。

もちろん、演奏も間違えないように体に覚えこませる。

とにかく回数を弾くしかない。1回1回がレコーディング本番のつもりで何十回も弾く。

ライブだったら、その時の会場の空気感やお客さんとのコミュニケーションで演奏が成立していくのでレコーディングほどではないのですが

レコーディングは、その時に弾いた演奏を多くの人が繰り返し繰り返し聴く。
だからこその精度が求められるのです。

そんな風にして、これまで準備してきました。

なのに、肝心のレコーディングは、その時の森の状態に左右される。
ハックルベリーの森。

例えば、雨の日の森と、乾いた時の森、夕暮れの森と早朝の森では、森の存在感が違う。

いつどこでも弾いても僕の演奏が同じなら、森で録る意味はない訳です。

上記のように、徹底的に準備して体に覚えこませた上で、じゃあこの森になじむように、どんな風に弾いたらいいか、という一発勝負なのです。

この雨の森の為の弾き方を。

さて、現在まだ雨が降り続いています。
雨は続く。

天気予報だと弱い雨と書いてあったけど、思ったよりだいぶ強い雨。

強い雨であることは良い。

出来上がった雲の容量には限りがあり、天気予報では明日は晴れ。

つまり、強く雨が降れば降るほど、雨が上がる時間も早くなるということ。

今回、森のレコーディングを引き受けて、東京からやってきてくださったエンジニアの大澤さんご夫妻。
大澤さんご夫妻。
現在、数々の海外アーティストや、日本のメジャーアーティストのライブツアーを手掛ける。
なんと全盛期のチャゲアスの海外ツアーも担当したほどのサウンドエンジニア。

そんなお忙しい大澤さんが、合間を縫って福井まで来てくださったのに…。

写真撮影で来てくださったSさんも、食事担当で来てくださったMさんも、根気良く待っていてくださる。

僕はずっとココニクル号の中で練習をして待つ。

そして14時。

ようやく雨の上がる気配を見せた。

次回に続く!

さて、次回のオススメイベントはこちら。

あなたと森の付き合い方を教える自然体験ライブ!

【新潟】5/21(日)ごろんコンサート 笹山ゆきの森@十日町市

寝転ぶ。

【愛知】6/24(土)寝ころびながら森の不思議を知る うたたねコンサート@長久手市

寝転ぶ。

6月は岐阜県、長野県、愛知県で「団体様向けゴロンコンサート」や「個人向けプログラム」を受け付けております。
内容、料金は臨機応変に対応いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
森のシンガーソングライターに依頼してみると…

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

限られた時間の中で最高の演奏を。森のフィールドレコーディング1日目。福井県大野市。” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。