野草ズボラ飯 vol.5 ハハコグサとタネツケバナと里山ニンジンのオリーブオイル和え。

ハハコグサとタネツケバナ。

今回は、すごいオリーブオイルをいただきました!

「れなり」
http://myakuson.co.jp/info_renari/

あまりに美味しいオリーブオイルなので、今回はこの「れなり」を使って、野草を料理してみたいと思います。

駐車場の片隅で見つけたのはこの野草!

「タネツケバナ」
タネツケバナ。

タネツケバナはアブラナ科で、クレソンに近い仲間です。
味もクレソンに似て、ピリッと辛めです。

むくみ、咳、ぜんそく発作、尿道炎、膀胱炎などに効果が期待できるそうです。

そしてとても立派な「ハハコグサ」
ハハコグサ。

やわらかくて料理に使いやすい、春の七草の一つです。

なんと昔はヨモギの代わりに草餅に使われていたそうで、
抗炎症作用・抗アレルギー作用・抗酸化作用・免疫機能の正常化・発がん抑制・抗がん作用があると言われています。

ついでに採集したのは「セイタカアワダチソウ」
セイタカアワダチソウ。

セイタカアワダチソウは、西洋ではハーブとして使用されています。
薬毒や公害を体内から排泄し、アトピーやぜんそく、腎臓病や胃腸病などに効果があるようです。

香味の強い草なので、今回はアクセントとして新芽の部分を少しだけ。

ハハコグサを洗う時に、茎を取り除きます。
葉っぱはものすごくやわらかいのに、茎はすごく固いんですね。
ハハコグサの茎。

こんな風にハハコグサは葉っぱだけ使います。
タネツケバナと、セイタカアワダチソウの新芽も洗いました。
野草を洗う。

ここで、贅沢品。
先日稲城市の南山の畑でいただいた吉井さんニンジンも食べたいと思います。
ニンジンも加える。
このニンジン、とても濃厚な味で生でかじるといつまでも食べ続けてしまうくらい美味しい。
スーパーで売っているものとはまったく違う味。

沸騰したお湯に通します。
沸騰したお湯へ。
ニンジンも野草も、ほとんど生の方が美味しいくらいなので、さっと湯通しするくらいにします。

流水で冷やします。
流水で冷やす。

水を切ったら、塩をお好みでふりかけます。
塩をふりかける。

続いて、オリーブオイル「れなり」を少し多めに回しかけます。
れなりをかける。

ほんと、これだけです。

塩とれなりだけで、濃厚な野草とニンジンの味を、しっかり引き立てて、うっとりする味になります。

でも一応パスタも茹でて
パスタを茹でる。

半熟タマゴと共に器に盛ったら、すごく贅沢な「ハハコグサとタネツケバナとセイタカアワダチソウのオリーブオイル和えのパスタ乗せ」完成です!
完成!

つまり、材料と調味料が良ければいくらズボラでも美味しい料理にしかならないと…

「れなり」は、森のシンガーソングライターの野草ライフには欠かせない調味料となりそうです。
頼まれてもいないのに、どんどん宣伝したくなる、すごいオリーブオイルです。

「れなり」
http://myakuson.co.jp/info_renari/

いただきます!

1000円から支援できます!!森の旅を続ける為のご支援をよろしくお願いいたします。
クラウドファンディング開始!「ごろんコンサートを全国の森で開催したい!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。