野草ズボラ飯 vol.3 「ナズナとギシギシのパスタ」

ナズナとギシギシ

森のシンガーソングライターの野草ライフ!

僕はけっして料理が得意ではないので、おしゃれで素敵なもの!よりは、どんな人でも作れそうな簡単な野草の使い方を紹介して行きます!

題して、ズボラな一人暮らしさんでもできる!「野草ズボラ飯」

今回は、まさに今が旬の、ナズナとギシギシのパスタです。

こういう原っぱを探しに行くと…
原っぱ。

ありました!ナズナです。
ナズナ。

今は花が咲いているので分かりやすい。
花が伸びている部分は固くて食べにくいのですが、その根元に、大きく葉を広げたロゼット部分があるので、根元から掘り起こして収穫します。

ナズナは、調べてみると

胃腸の障害である下痢や便秘
習慣生活病である動脈硬化や高血圧
膀胱炎及び尿道炎
目の充血
分娩及び産後における出血
月経過多

(出典:https://garop.jp/c5/jherb/nazuna.htm)

といった症状に対してその改善目的で利用されています。
上記はお茶にした場合の効能ですが、そのまま食べても成分自体はそれほど変わらないのではないかと思います。

ナズナとギシギシ

ついでにその辺りにあったギシギシの新芽も収穫しました!

ギシギシは、地面に大きく葉を広げた中心部分に、筒状になった新芽があります。
切り取ると、まるでジュンサイのようにぬるっとしていて、食べやすいのです。

ギシギシは日本において平安時代からその薬効が認められていたと言われていて、古くから利用されてきた薬草の一つに数えられています。
止血・緩下・抗菌・収斂・胆汁分泌促進・強壮作用など。
(出典:https://garop.jp/c5/jherb/gisigisi.htm)

止血などの作用は、このぬるっとした部分を患部に当てて使った場合ですね。

よく洗って、好みの大きさに切り分けます。
ナズナ切り分け。
僕の好みは「野草食べてる!」と実感できるこのくらいの大きさ。

ナズナの茎の部分も試しに入れてみました。
ナズナの茎。
茎はやっぱり固かった…。

麺を先に茹でて…
メンを茹でて

野草はさっと湯がくくらい。少しアクを取ります。
アクを取る。

実は茹でるのに「やかん」を使っています。
水を切る時に、これだけで済むので。

こういう使い方、僕だけでしょうか?

あとは好みのソースと絡めるだけ!
「ナズナとギシギシのパスタ」完成です!!
パスタ完成!

野草は、野菜よりもはるかに強い成分を持っています。

「毒にも薬にもなる」

というように、強すぎる成分は食べすぎると体に良くないようです。
逆に野菜は、野草ほど成分が多くないので、たくさん食べないといけないということなのかもしれません。

さあ、まもなく春がやってきますよ!
寒さを乗り切りましょう!
証ドヤ顔。

さて、次回のオススメイベントはこちら。

あなたと森の付き合い方を教える自然体験ライブ!

【東京】2/19(日)森の歌会 始まりの森で、生命をいただく山菜の歌@東京都府中市

野草クラッカー

1000円から支援できます!!森の旅をあなたの力で!
クラウドファンディング開始!「ごろんコンサートを全国の森で開催したい!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。