自然はいつも、絶妙なタイミングで魅せてくる。森の旅588日目、東京都多摩市。

多摩川河川敷。

栃木から東京に戻ってきて、あちこちに車を停めながら過ごています。

地方と違って、都市部でキャンピングカー 暮らしは大変です。

車を停めておく場所がないことが第一。

知り合いのツテを頼るにせよ、限界がありますね。。。

それに先日の雪。

ココニクル号もしっかり雪に埋もれました。

雪とココニクル号。

雪は、世界を優しくすること。

雪が、世界を明るくして、あたたかくすること。

昨今、雪が前ほど降らなくなり、僕たちからは遠い存在になりつつあります。

雪は地上のあらゆるものを覆い尽くして

たくさんの生き物を寒さから守ります。

春に新たな生命が芽吹く時の為に

雪は小さな芽を守り

いざ芽吹く時には

その為の水分ともなる。

フェンスの向こうで、ツグミが何かを掘り出している。
ツグミ。
雪と遊んでいるみたい。
僕が近づいても気にせずに、ずっと何かを掘っている。

そして東京は、そこから一気に冷えてきました。

キャンピングカーの中で辛いのは、とにかく薄い壁面からの冷気。

何かプチプチなどの断熱材でも貼れたらいいけど、根本的な寒さは防げない。

友人が貸してくれた冬用の寝袋と、毛布を重ねて、中に湯たんぽを入れる。

これでだいぶマシになる。

起きて、お水を飲もうと思ったら

コップのお水が凍っていて飲めなくなってた。

凍った水。

寒くて眠れない時もあるけど

朝日を浴びると「やっぱりキャンピングカー生活はやめられないな」と思います。

こんなに太陽の光を温かく感じられる生活って素晴らしい。

でも、とにかく冬のキャンピングカー生活の心得は、日中の太陽が出ているうちにいろんなことをやっておくこと。

太陽光発電セットはこんな風に、わざと光の当たる方へ出しておく。
太陽光発電。
夜の為に電気も集めておく。
冬の太陽だと、まともに充電されるのに2~3日かかることも。

夜になると、寝袋に包まっていないと寒すぎるので、ほとんど動けなくなる。

こうして僕は、毎日の冬を過ごしています。

自然は絶妙なタイミングで、魅せてくる。

あまりうまく行かないことが多くて

しかも寒くて寒くて、心細い日が続いていた時。

今日はもうこのまま休むしかないなと思ったら

とても綺麗な月が輝いていて

なんと月蝕が始まった。

皆既月食


アイフォンでは写らないけど、この時完全に隠れた皆既月食。

寒くてたまらなかったこの夜が、いきなり一大イベントに変わった。

仕事を進めようと、どこかにこもって作業をしていたら、気が付かないことだった。

自然はこんな風に

「ほら観てー!」

「こんなのできました!」

という風に常に僕らに魅せてくる。

僕らが気が付かないだけで。

そんな自然の語りかけを真っ先に、一番近くで感じられるキャンピングカー生活で本当に良かった。

寒いことを、この季節を真正面から感じているからこそ分かる。

春が混ざってきたこと。

寒い中で、公園の水道などで手を洗っていると

確実に春が近づいているのが分かる。

しびれるくらい冷たい水道の水が

前ほど冷たくは感じなくなっていて

どこかにほんの少し

春が混ざってる。

こんなほんのちょっとの変化を

体に感じながら生きられる。

さあ春が来るよ。

草の実。

ココニクル号、現在。
地図。

次回のコンサートはコチラ!
あなたが森と繋がる自然体験コンサート!

★2/12(月祝)第3回のみすけプロデュースあゆちゃんちライブ
あゆちゃんち。
【対象】一般【時間】14:00~16:30【内容】森の旅の話、コンサートなど。

★2/24(土)~25(日)雪上&雪中ハイク!農家民宿とジョイント雪国『ごろん』 コンサート @十日町市
雪原。
【対象】一般【内容】かんじきハイク、雪洞作り体験、コンサート、農家民宿で交流など

「【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。