神様の地で森を思い出す。レポート「森の歌会 平泉寺白山神社編」@福井県勝山市

境内にて。

自分と森はどんな関係があったんだろう?

「小さい時はいつも森を駆けていて、食べられる木の実も知っていた」

「大人になってからは、こんなに森と触れ合うことはなくなった」

今回の森の歌会に来てくださったお客様は、ほとんどが同じ福井県からの皆さん。

森林率70%以上を誇る福井県の皆さんから、そんな感想をいただきました。

都市は緑が少ない。
田舎は緑が多い。

でもそんなことは関係なく、都市に住む人も、田舎に住む人も、自然から離れていってしまう時代。

福井県に住む皆さんでも、周りにたくさんの緑があっても

「こうして森でゆっくり過ごしたことはない」

という言葉が出るほど。

でも、本当はそうなんです。

僕たちは、毎日の生活があまりに忙しくて、そんなことを考えている暇はない。

地方に住む方こそ、台風や大雪など、厳しい自然と闘いながら、毎日を生き抜く。

音楽は、そんな人達の森との関係を繋ぎなおす。

今回は神社へ参拝も兼ねて、一日がかりの心のリセットの日。

「森の歌会 平泉寺白山神社編」をレポートさせていただきます。

まずは、旧参道である菩提林の入口にて、平泉寺白山神社の成り立ちを説明。
菩提林入口にて。

菩提林とは、樹齢600年以上のスギの並木道であり、古代から様々な人が父母の冥福を祈り、参拝に訪れたことからこの名が付く。
菩提林から出発。

苔むした石畳は、その昔、僧達によって、九頭竜川から一つ一つ運ばれてきたもの。
石畳。
石の裏にはお経が刻まれており、念仏を唱えながら一つ一つ置かれていったもの。

この道の、はるか昔に街灯もない真っ暗闇の中を歩いた人達のことを思う。
この道を、一人で進む勇気。
坂道を登る体力。

参拝というのは、いつも試練を持って、成立する。
参道で説明。

途中のブナの木の下で、歌を聴く。
ブナの木の下で。

証ライブ。

早くも、寝転がって、森を全身で感じる。
ゴロン。

この時、飛び入りで演奏してくださったのは「倍音声楽 愛」さん。
倍音声楽 愛さん。

(プロフィールより一部抜粋)

世界中の大自然や神社仏閣の音と調和・融合し日本の古の歌『いろは歌・ひふみ祝詞・あわの唄』を奉納。

倍音声楽 愛
http://ameblo.jp/voice3333

僕は森林専門のアーティストですが、愛さんは神社専門と言えるでしょうか。
その歌声は、この場所に特殊な意味づけをするように、八百万の神様に呼びかけるように、堂々と響いていきました。

とても新鮮な体験でした。

愛さん、ご参加くださり、本当にありがとうございました!

今回も森に興味津々の子ども達もいたので、少しだけ自然観察も行いましたよ。
少しだけ自然観察も。

しばしの休憩。
素敵な蔵の中で、勝山地元の食材を使ったお弁当をいただきました。
蔵の中。

勝山食材のお弁当。

さて、元気になって後半は、いよいよ境内に参拝です。
境内参道。

日本にここにしかないと言われている権現造の鳥居を説明。
ここでは神仏習合について学びます。
権現造の鳥居。

「権現である」と言って現れた女神の池「御手洗池」
泰澄は、古代の閉鎖的な山岳信仰に、仏教的な意味づけを行い、人々が受け入れやすい普遍的な宗教へと変えていった。
御手洗池。

「拝殿」焼失する前は、もっと大きなものだったが、一部を江戸時代に復元した。
この建物はなんと築157年ということになる。
拝殿。

最後の「本社」まで、頑張って石段を登る。
参拝とは、常に試練でもある。
本社までの階段。

白山には、三つの峰があり、それぞれに神様が祀られている為、白山神社にも三つの本社がある。

最高峰の御前峰(ごぜんがみね)に祀られる本社には、黄泉の国の王 イザナミノミコト。

大汝峰(おおなんじみね)には、大汝社 越南知社(おおなむちしゃ) オオクニヌシ (国譲りの神)。
剣が峰(けんがみね)には、別山社(べっさんしゃ)アメノオシホミミ(稲穂の神、農業神)。

長い坂道を上がってくる参道。

一番上にいる三体の神様。

まさに、白山に登り参拝することを疑似体験しているようです。

人々が、実際に白山に登らなくても、日常的に白山の神様に参拝できるように作られているのですね。

皆さんと、心を律して、参拝をさせていただきました。

さて、続いて南谷の発掘現場へ。

平泉寺白山神社はその昔、一大勢力を誇った宗教都市。
戦国時代には中世に48社36堂の堂社をもち、寺領9万石、8000人の僧兵、6千の僧坊があったとされています。

度重なる戦の中で、ついに一向一揆により全滅。
今から442年前に、境内はすべて焼失してしまったのです。

発掘を始めてから20年経つも、なんと全体の2%しか発掘されていません。
かなりの規模と言えます。

ここは発掘した石畳や石塀に土壁のレプリカを作った道。
南谷の発掘跡。
ここを歩く時だけ、時代がタイムスリップしたようです。

その頃の名残を残す石畳。
古代の森を、皆さんと歩く。
古代の石畳の道。

今回の最終目的地。
ここが「若宮神社」の「若宮の大杉」です。
若宮神社。

皆さん、辿り着くと、声を上げる。
若宮の大杉。

若宮の大杉は、平泉寺焼失の時に、一本だけ残ったスギと言われています。
平泉寺白山神社が宗教都市だった頃を知る、唯一の巨木。
樹齢450年のご神木です。

皆さんでしっかり参拝をさせていただいた後で

ご神木に歌を捧げる。
唄いかける。

その場所に体と心を馴染ませるように、思い思いの場所に体を横たえてみる。
場所になじませる。
ゴロン。

見上げる。

森の歌会は、樹木とのコミュニケーションを図るプログラム。
今回は、皆さんで、ご神木に触らせていただきました。
木に触れるプログラム。

木に手のひらを当て、目をつぶって歌を聴く。
その間、その木の生きている姿をイメージしながら、歌を聴く。

樹木は言葉を話すことができないので、その形で語る。

少しだけ、ご神木の様子をみんなで自然観察を行いました。

千手観音とも言われる若宮の大杉は、圧巻!
ご神木。

自分と森はどんな関係があるんだろう?

「何度も来る神社なのに、こんなに深く森を味わったのは初めて」

「何だか頭がすっきりして、楽になった」

「例えば自分が何かに感動しても、他の人が同じように感動するとは限らない」

「でもこのスギを見たら、この自然の中にいたら、誰もが同じように感動を共有できる」

「小さい頃は野山を駆けまわっていた。今日は久々に森に戻ってきた感じがします」

森で体を横たえながら、神様のスギを見ながら、嬉しそうに皆さんが語ってくれました。

今回は、神社自体が大変力のある場で、1日がかりだった為、皆さんとてもお疲れになったと思います。

でも、終わった後の皆さんのすっきりした顔。
楽しそうな表情を見ると、本当に開催して良かったなあと思いました。

Iさん。

Uさん。

IZさん。

参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました!

そして、開催までご協力いただいた、勝山市の皆さん、平泉寺区の皆さん、宮司様、その他関係者の皆さん、本当にありがとうございました!
集合写真。

※ 本イベントは、平泉区の皆様や平泉寺白山神社宮司様に許可をいただき、菩提林と若宮神社でのみ、音楽を奏でたり、イベントとして使用することを承諾いただいております。生態系や苔の生育についての配慮の上で行っていることであり、くれぐれも皆様は、境内にて無許可の演奏や、寝転ぶなどの行為は控えていただきますようお願いいたします。

さて、下記のイベントの参加者を募集しています。

どうかよろしくお願いいたします!
【福井駅前】★10/2(日)森のアーティストと福井の森を語ろう@ふくい夢アート

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。10月は九州で、11月は関東で、森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の生き方を説く「森の歌会」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

神様の地で森を思い出す。レポート「森の歌会 平泉寺白山神社編」@福井県勝山市” に対して 3 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。