【演奏動画あり】台風直前の雨の森に癒される!レポート森林セラピー~森のおんがく会@大子ふれあい牧場

ふれあい牧場途中にて。

ついに念願の茨城県久慈郡大子町の森林セラピー基地での「ごろんコンサート」。

昨年訪問してからの、地域おこし協力隊の皆さんによる尽力のおかげで実現となりました。

本当に感謝です!

しかしこの日は台風直前の日。

雨模様もコロコロ変わる山中で、それでも皆さんと存分に森を楽しんで来ました!

「寝転んで大地とつながる森林セラピー~森のおんがく会@大子ふれあい牧場」の様子をレポートします。

ウッドデッキで森に入る為の準備体操。
それから少しだけ、感性を研ぎ澄ませて森に入る為のお話を。
ウッドデッキ。

途中の道々では、皆さんに自然解説をしながら歩きます。
自然解説。

実は昨年訪問した時もそうだったのですが、大子町で自然体験の企画をすると

集まる皆さんは僕よりはるかにベテランの先生たちばかりなのです。

普段からの里山整備をしている皆さんから、ジオパークガイトの方まで。

…自然体験業界では若輩の森のシンガーソングライターには緊張するイベントとなりました。

でも、皆さんすごく良い方ばかりで、僕の解説でも快く聞いてくださるんです。

今回は、里山に基本的に生えている樹種のおさらいから、食べられる野草の使い方まで

なるべくそう言ったベテランの皆さんでも知って得するような内容にしてみましたが、いかがだったでしょうか…。
自然解説2

それにしても美しいフィールドでした。

牧草地の道の途中で、座り込んで景色を見ながら歌を聴く。
ふれあい牧場途中にて。

楽曲は、大子町の旧上岡小学校の校歌を特別に許可をいただき歌わせていただきました

日本の山々が見渡せる場所なので、日本を構成するプレートのことも説明。
日本のプレートについても説明。
この辺りは、ちょうど棚倉構造線という、プレートとプレートの境目となります。

さあ、いよいよ大地に寝転んで歌を聴いてみましょうと言うところで…
寝転んでみる。

なんと強い雨が降ってきました!

慌てて東屋に避難。
ここでお茶やお菓子をいただきながら、歌を聴きます。
東屋にて。

雨を眺めながら座り込むのも良い時間ですね。
雨を眺めながら。

参加者の皆さんと歌った「ふるさと」はこんな感じでしたよ。

少し雨が収まってきたので、また大きな木の下で「寝転んで歌を聴く」を再チャレンジ。
再度寝転ぶ。

森の音と共に寝転がって聴く、森のシンガーソングライターの「ごろんコンサート」はこんな風に楽しめます。

1曲終わったところでまた強い雨が…

結局この日は、寝転んで歌を聴けたのはほんの少しだけでした。

それでも雨の中、光の中をふもとに降りていく皆さんは楽しそう。
帰路に。

藪の中から牛が出て来た!
藪の中の牛。
こうして森の中に同化していると野生動物みたいです。

ウッドデッキハウスの中に帰ってからは、今回お手伝いいただいた地域おこし協力隊の玉守ヒロトさんに一曲披露していただきました。
玉守さん。

玉守ヒロトさんは、地域おこし協力隊ミュージシャンとして大子町を盛り上げる「大子ロケッツ(仮)」を立ち上げています。
今後は森のシンガーソングライターとのコラボもたくさんありそうですよ!

最後は美味しいお弁当を食べながらみんなで交流!
お弁当。

お弁当は袋田温泉関所の湯さんから届けていただきました!
豪華なお弁当でしたよ。

美味しかった!!

今回は、長くごろんコンサートをやってきた僕でも、ちょっとへこたれるくらい自然に味方してもらえなかった日でした。

何度タイミングを計って、寝転んで歌を始めてみても、ここぞという時には雨が降ってきて、退散となってしまいました。

おかげで、自然解説はたくさんできたものの、一番皆さんにやってほしかった感性を使ったプログラムは少ししかできず…。
せっかくの森林セラピー基地イベントなのに…。

だけど、自然相手に「こうなるといいなあ」と思う方が間違っていますよね。

強くなってきた雨を見ながら、どんなにお天気が悪くても

どれだけ過酷な森の姿になっても

その姿はとても美しいなあと思いました。

雨に打たれることも、泥にまみれることも、それこそが森林の中で我々が思い出したい「自分自身の癒し方」なんだと思います。

参加した皆さんは大変だったかと思いますが

どうもありがとうございました!

後片付けで最後まで残ってくれた参加者とスタッフの皆さんと。
集合写真。
この写真には写っていないけど、何より、この写真を撮ってくれている大子町地域おこし協力隊の村松由衣さんに感謝をこめて。

皆さん、お疲れ様でした!

これに懲りずにまた来年もごろんコンサートをさせてください。

今回の会場
「大子ふれあい牧場」
http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page000022.html

オマケ。

終了後に訪問した旧上岡小学校にて、旧上岡小学校保存会の方と「旧上岡小学校校歌」をデュエットさせたいただきました。

次回のごろんコンサートはコチラ!
あなたが森と繋がる自然体験コンサート!
【岩手】11/3(金祝)森の歌会 in くずまき~達人の森へようこそ~@葛巻町
チラシ2

「【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。