深い深い自分の中まで行くこと。レポート「森の歌会番外編 春と大地と地球とひとつ」

瞑想 全景

50分間の瞑想を終えて、目を開けた時に広がっている、森の景色の美しさと言ったら

寝転んで一本の樹を下から眺めると

一本の幹から始まった枝が、どのように世界に広がり、複雑に広がっているかよく分かります。

背中を付けている自分から

この世界が森の形を取り

どこまでもどこまでも広がって行って

ふと、その一部になってしまう。

僕の歌のプログラムはそんなイメージで行いますが「瞑想」はまた違う。

瞑想 近景
瞑想 講師

深い深い自分の中まで行くこと。

座った姿勢から、呼吸を繰り返し繰り返し、自分の中にあるリズムが生まれます。

吸っては吐く、吸っては吐く、そのグルーヴから、だんだんトリップが始まっていきます。

腰のあたりから、お腹、喉、頭のてっぺんまで、各個所にあるチャクラと呼ばれるポイントに、意識でスイッチを入れていきます。

こんなに自分の中を辿ったのは初めてですし、あらゆる感覚を受け入れたのも初めて。

そうして50分間の瞑想を終えて、目を開けた時に広がっている、森の景色の美しさと言ったら。

瞑想 自己紹介

今回は「瞑想」をテーマとした森の歌会を行いました。

まずはみなさんと、自然観察をしながら歩きます。

人の体には、もともとたくさんの生物が住んでいるんだそうです。
自分が元気な時は、他の生物はなりをひそめていますが、年老いて弱ってくると、他の生物に体を乗っ取られて行きます。
これが、病気や老衰と呼ばれるものです。

瞑想 自然観察

これはつまり、樹木と同じなのです。
樹木も、その中にたくさんの生物を住まわせています。
微生物、地衣類、苔、昆虫や鳥。

年老いた木は、その体をだんだんと他の生物に明け渡していきます。

微生物が幹の一部を分解すると、腐った部分を昆虫が食べ、キツツキが穴を空け、そこに巣を作る。
他の植物が、そこを苗床にして新たな命を始める。

そうしていろんな生物を抱えながらも、年老いた木は(すごく綺麗に)そびえ立っているのです。

受け入れていること。

明け渡すことも。

苔を生やすことも。

僕らのような人間が、その下に寝転ぶことも。

歌をうたうことも。

ああ、受け入れてもらっているなあ。
森の歌会をしている時、草木をみて、そう思います。

瞑想ライブ 証

普段は入らないような、すごく低い低木の下で、寝転んで、下から森を見てみる。

「パイオニアソング」と「花の頂

歌を聴いていただきました。

瞑想 オカトロ

そして、オカリナのすばらしい音色。オカトロさんです。
少し谷間になった地形なので、より音が響くのです。

土から出来上がるその音色は、なんて森に似合うんだろう。

クレールさん

日本とアメリカを行き来し、ハリウッドの俳優の結婚式にも呼ばれるという名奏者クレールさん。
贅沢なクリスタルボウルで、低音、高音、グルーヴを見事に操って、瞑想ワークを導いてくれます。
すばらしかった!

たかこさん今回の瞑想講師Takakoさん。

彼女は、コーチングから瞑想まで様々なワークをしますが、どんな人でも、彼女の人柄で包み込まれてしまう。不思議な力を持った方です。

彼女の声で、意識の深いところまで導かれていきました。

蓮音まゆ

そして今回のメイン、シンガーソングライター「蓮音まゆ」です。

普段は、ライブハウスでスピリチュアルロック。
森の中での静かで熱いスピリチュアルは、彼女にどんな影響を与えるだろう?

全てのアーティストが、自分から発するエネルギーをどのように相手に与えることができるか。

それをコントロールできるか。

瞑想も、音楽も、たどり着くところは同じ。

ならば音楽はどうする。

そんなことを、森の中で深く考えた、貴重な体験でした。

今回は、森の中にいながら、外側にではなく内側に。

人間一人一人にフォーカスした体験だったと言えます。

その穏やかな魂に。

瞑想 お客様1瞑想 お客様2瞑想 お客様3瞑想 お客様1
瞑想 お客様5瞑想15

「瞑想」をテーマにした森の歌会は想像以上に得るものが多かった!また企画したいと思っております。

さて、まだまだ森の歌会はいろんな企画をしております。

ぜひご参加ください!

【森の歌会スケジュールは横のカレンダーかTOPページカレンダーをチェック!】
お申し込みはこちらのメールフォームからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。