森の作曲から森の演劇まで。クリエイティブなキャンプをしよう。レポート「森フェス前夜祭ミュージックキャンプ」

クリエイティブなキャンプ中

「何かを作ろう」と思った瞬間に、アーティストになる。

何かを創作する時、自分といつもとは違う環境に置いてみる。

森の中は外界から隔離され、精神を研ぎ澄ませるのに最適で、この日、僕たちは素晴らしいものを作った。

自然を楽しむ、自然を学ぶ、それ以上に「これを作った」と喜べるのは、達成感がある。

さて、何を作ったのかというと、なんと「新曲」や「自然体験プログラム」なのです。

歌を作る時も、何を作る時も「その時出てくるもの」を見つめる作業。

その瞬間、すごいものを作ろう!と思っても、なかなか出てこないものです。
世に言う名曲や名アイディアは「神から降りてきたもの」。僕らがいくら頭をひねっても、そのタイミングにならないと出てくるものではないのです。

それよりも、そこで自分から何が出てくるんだろう?と観察してみる方が面白い。

「なんだこんなものか」と思うものでも、その時出てきたものは、その時の正直な自分を表わしており、その時しか絶対に出てこないものだから。

そしてクリエイティブな時間は、短い方がいい。

僕たちはこのキャンプで、ずいぶん楽しんだけど、実際に作っている時間はほんの少しの時間です。

良いものこそ、短い時間で出てくる。
後は自分が気に入るか気に入らないか。

アーティストから一般人から子どもまで、いろんな人が参加した
5/28(土)~29(日)の「森フェス前夜祭ミュージックキャンプ」の様子をレポートします。

里山の風景

僕たちが作るのは、5/29(日)に行わる「いなぎ森フェス2016」の中で、お客様に披露する為の、自然体験プログラム。

前日にアーティストなどが集まってキャンプして、翌日行うプログラムを一緒に考えるという、無茶だけど面白い企画です。

例えば、新曲を作って披露する人、自然ガイドのネタを考える人、森の演劇をどんな風に組み込んでみるか、歌は自然ガイドのどこに使ったらよいか。

そんなことを相談しながら、キャンプを楽しみました。
食事

食事もテントもみんなで作ります。
食事2
テント

まずは体験から。森のシンガーソングライター証が、キャンプ参加者に自然ガイドをして歩きました。
自然体験

いつもの「木と仲良くなる時間」木に触れながら歌を聴きます。
木に触れて歌を聴く

それからグループを組んで「創作」の時間です。
クリエイティブなキャンプ中

作詞作曲をする人、自然ガイドをする人、劇の観点からやってみたいプログラムを模索する人。
唯一の子ども参加者Aくんは、なんとキノコに夢中。
キノコ好き少年と
なんと、そこら中に生える面白い形のキノコに、それぞれ名前を付けて、観察して、それを歌にしていきました!

いろんなものが、創作のヒントになる。
さくらんぼ 未結実
竹とツル

夜には、焚き火で交流会!
焚き火

練習も兼ねて、森の演劇も披露しました。
森の演劇 夜

そしてこの後は秘密のナイトウォークへ…。
これは参加した人だけのお楽しみ。

そして、いよいよ翌日はお客様相手のプログラム実行です。
森フェス当日1

まずは森のシンガーソングライター証が、森の風景を見てもらいながらのライブ。
証とジョニー

ギタリストのじょにぃさんは、なんと森の風景をギターソロで作曲してくださいました!
じょにぃ ギタリスト

シンガーソングライターの木幡光さんは、森で作った新曲を披露してくださいました!
木幡光 シンガーソングライター

もちろん、森のシンガーソングライター証の「森に寝転んで聴く」歌も。
ゴロン

劇作家の阿藤智恵さんは、創造力を使った森のプログラムを披露。
阿藤智恵さん

女優の三浦千枝さんは、和太鼓のスキルを活かして、大人も子供も、森を太鼓にしてしまうプログラムを。
森の太鼓

そして森のガイド。
森のガイド1
森のガイド2

自然観察指導員の荻窪奈緒さんの熱い思いのこもったインタープリテーション
荻窪奈緒さん

そして森の演劇。脚本は阿藤智恵さん、出演は三浦千枝さんと証。
森の演劇1
森の演劇2
森の演劇3
森の演劇4
森の演劇5
森の演劇

なんとこの演劇、お客様を舞台に上げて、植物や動物になりきって演じるというすごいもの。
今回出演していただいたお客様たち。
妖精1
妖精2
妖精3

お客様も楽しめたのではないでしょうか。
お客様

これだけのプログラムを、前日に考え、見事に当日やってのけた皆様に拍手です。
そして、観に来ていただいたお客様、本当にありがとうございました。

このキャンプにご協力いただいた、いなぎ森フェス2016実行委員の皆様、里山Pみなみの皆様、本当にありがとうございました。

最後に、キャンプ参加者のAくん。
当日にははしゃぎすぎて、お休みです。
おやすみなさい
さあ、次回の気になる森の歌会は

【山梨】野生のシカとシラカバの地★7/16(土)〜17(日)「森の歌会 清里キャンプ」@北杜市

親子でも参加できますよ。詳しくはお問合せください。

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の生き方を、音楽と共にお届けします。

本名 山田証。東京都多摩市在住。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。