春に七草を食べるのはなぜ?レポート「始まりの森で生命をいただく七草の歌@アニマnet森カフェ」

野草解説。

【栃木】1/13(土)始まりの森で生命をいただく七草の歌@アニマnet森カフェが終了しました!

今回は

・食べられる野草を見分けられるようになる。
・野草を使って七草粥を作ってみる。
・野草の気持ちで寝転んで聴くコンサート。

こんなテーマのイベントでした。

栃木県栃木市。
早朝には霜が降りてとても寒いこの時期に、地面にへばり付いている野草達はどんな生き方をしているんだろう?

そして、人間に取ってどんな意味があるんだろう?

今回は、アニマnetさんの森カフェの場をお借りして、森のシンガーソングライターの「野草を学ぶコンサート」をさせていただきました。

集合場所であるアニマnetさんの古民家「あおき邸」のお庭に、いくつかの野草の見本を置きました。
ノゲシ。

セイタカアワダチソウ。

見本のあるお皿の近くに、よく見るとその名前の野草が生えているので、それを見つけてもらいます。

家族ごとにお庭を散策して、すべての野草の見本と生えているものを見つけてもらいます。
それぞれの野草の効能も見比べながら、観察してもらいました。

子どもだって、見分けられるようになる!
ハハコグサを見つけた!

野草発見。

そうして一通り、野草の観察をしてから、「森カフェ」会場である別の森に向かいました!
野草解説。

ホップくん体操で、森の準備体操!
ホップくん体操。

そして、それぞれの木の根元に寝転がって歌を聴きます。
ごろん。

「寝転ぶとあったかかった」

と子ども達が言いました。
そう、今の時期野草は「ロゼット」という形を取っていて
地面にぺたっと葉を広げて過ごしているのです。

地面にくっついた背中もあったかいし

太陽の光を体中で受けることができる。

今回の「ごろんコンサート」は、こんな風に野草の気持ちになって歌を聴きました。

さて、いよいよ七草粥を作ってみます。

お米とお水は1:5の割合で測ります。
七草粥作り。

中に入れる野草は、さっき学んだ種類のいくつかを包丁で刻んだものを、自分の好きな量だけ取って入れます。

家族ごとに、空き缶を使ってお粥を炊いてもらいました!
空き缶炊飯。

美味しく出来上がるよう、空き缶に歌を聴かせる森のシンガーソングライター。
歌。
さてさて…

出来上がったお粥は、鶏がらスープの素や、塩やごま油などで、みんなお好みで味付けします。
子ども達も、あーでもない、こーでもないと試行錯誤しながら、自分の味付けをしていましたよ。

大鍋にお代わり用の七草粥を作りました!
七草粥。

そして、セイタカアワダチソウ、ハルジオン、ユキノシタの天ぷらも大人気!
天ぷら。
天ぷら以外にも、お客様から贅沢な差し入れをいただきました!

森のシンガーソングライターが考える、春に七草を食べる理由。

野草なんて、現代では食べない。

それは野菜がいくらでも買えるからですよね。
野菜はいつの季節でも好きなものをスーパーで買えるようになった。

僕はキャンピングカー生活の中で、旅先のいろんな場所の、いろんな季節の野草を食べます。

その季節にそこに生えているものを食べると、その季節に即した体になる。

旅行に行ったら、その土地のものを食べると病気しないという言い伝え、聞いたことありませんか?

本当は足元に生えているもの、その季節、その場所で地球が差し出しているものをそのまま食べる。
そうして初めて、その季節を生き抜く為の体が出来上がるのかもしれません。

春はデトックスの季節。
夏は水分の多い野菜。
秋は油分の多い木の実。

季節によって、地球が差し出すものも変わって行きます。

僕達の体の状態もまた、季節や場所によって変化しています。

現代ではちょっと体の様子がおかしいと病気と言うけれど
それは、その時必要な体に、変わろうとしているだけなのかもしれない。

例えば、アトピーは溜めこんだ毒を排出しようとしているように(僕の弟がそうだった)
風邪を引いた時の熱も、ウイルスに打ち勝とうする体を作る為に行われる。

大切なのは、今とは違う体の状態をすぐに病気と呼ばずに、自分の体に何が起ころうとしているのか観察することかもしれない。

僕は野草を食べるようになってから、それをより感じられるようになりました。

野草にはアクや渋みなどの成分も、薬のように効能のある成分も両方入っているんだと思います。

薬だけ取ろうとするのではなく、他の成分も含めてそのままのバランスで体に入れる。
サプリメントみたいに必要な栄養素だけを入れようとするんじゃなく

地球が差し出すそのままのバランスで体に入れる。

もちろん採りすぎると良くない。体への負担も大きくなる。

だから

毎日、少しずつその季節のものを体に入れること。

その概念を行事として残したのが七草粥なのではないかと、森のシンガーソングライターは思うのです。

そして、春の七草は、この種類が特別だったんじゃない。
この7種類だったのは、昔の日本では当たり前に足元に生えていたから。

ダイコンやカブは畑にあり、畑の周りにナズナ、ハコベ、コオニノタビラコ、ハハコグサが生える。
畑の近くには用水があって、そこにセリが生える。

この七草の種類が選ばれているのは、そのまま昔の日本の風景を現しているんですね。

一つずつ、季節のものを覚えていく。
少しずつ、季節のものを体に入れていく。

そんな風に、自然と共に暮らしてきた日本人の知恵を、僕らがちゃんと理解して、次の世代に託したいと思います。

ご参加いただいた皆様、ご準備いただいたアニマnetの皆様
どうもありがとうございました!

オマケ。

午後からも、森に放たれた子ども達は自由!
木にぶら下げた空き缶やヤカンをカンカン鳴らして、楽器にする小学生と中学生の女の子たち。
空き缶とヤカン。

次回のコンサートはコチラ!!
あなたが森と繋がる自然体験コンサート!

【栃木】1/18(木)0歳から聞ける、親子で自然の中に寝転ぶコンサート!
ごろん。

【東京】1/21(日)食べられる野草を知る 七草交流会&寝ころんで聴くごろんコンサート@稲城市

「【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

春に七草を食べるのはなぜ?レポート「始まりの森で生命をいただく七草の歌@アニマnet森カフェ」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。