思いがけない風景に出会うこと。レポート「ナイトウォークソング@八王子宇津木の森」

月が出た。

夜の森を歩くとは、自分の知らない世界に踏み込む勇気。

そして、闇のなかに自分を委ねること。

八王子宇津木の森には、夜の森を歩きたい大人から子どもまで、30名近くの方が集まりました。

普段宇津木の森を管理している方々も「夜に訪れるのは初めて」と言う。

果たしてどんな風景が見えるイベントになるのでしょうか。

宇津木の森の尾根を子ども達と歩く。
尾根から。
「中央道が渋滞してる!」と子ども達が教えてくれる。
夕暮れ、いつもこの尾根からの風景を見ているから分かること。

里山にいても世間の喧騒が分かる、東京の里山ならでは。

参加者が集合する頃は、とても美しい夕暮れの時間。

まずは風景を眺めながらの一曲を聴いていただきました。
参加者集合。

そして皆さんの自己紹介。
里山に関わっている人も、初めてここを訪れる人も。
自己紹介。
主催のFoE Japan様、宇津木の森のスタッフの皆様に、この森のことを説明していただきました。

もちろんこの後「ホップくんの歌」でみんなで飛び跳ねながら準備体操。

綺麗に草刈りをしてくださったケヤキ広場では、最初から寝ころぶマットを敷いておきました。

さっそく思う存分ゴロゴロする子ども達。

ケヤキ広場と子ども達。

夜の森は怖いから来たくないと、昼の森に遊びに来た女の子が、このマットでゴロゴロ遊んでいるうちに、夜も居たくなって晴れてご参加となりました!

いよいよ、ごろんコンサート。
ごろん1
皆さんが寝転んでいるケヤキの木は、この辺りが昔スイカ畑だった頃からマザーツリーとしてこの場所で生きてきた。

ケヤキ。

寝転んで歌を聴いた方が撮影してくださいました。
証。

歌をうたいながら、いろんなお話をさせていただきました。

森と人の関わりについて。

日本人と里山について。

オオカミのお話。

そして、人がどうやって自然と共存して行ったら良いのか。

その間に、どんどん暗くなっていきます。
暗くなる。

とっぷりと日が暮れたら、いよいよ夜の森を歩いてみます。

真っ暗だったので画像はありませんが

木立の中、梅林の中、トレイルから草の上まで。

懐中電灯を点けずに、ゆっくり足元を踏みしめて、みんなで歩いて行きました。

月明りが森のところどころを照らしていて

何とも言えない幻想的な風景の中を歩きました。

そうして、森を抜けた時に、ふいに明るい月の光の広場へ。
月の広場。

ああ、月はこんなに明るかったんだなあと。

子ども達も「明るい」と声を上げながら光の中に入っていきました。

ひと昔前の日本では、みんなこんな風景のなかにいた。

当たり前のように暗闇とともに生き

月の光に癒され

森やいろんな生き物達と生きる為のことを考えていた。

人と自然が離れすぎてしまった現代。

今回集まった皆さんは、自然の中で、自分の野生を、本来の心の姿をどこまで取り戻すことができたでしょうか。

今日の思いがけない寒さも

煌々と輝く月の光も

夜に物を見る野生の目も

それを手助けしてくれたような、そんなイベントとなりました。

主催してくださったFoE Japanの皆様、宇津木の森のボランティアの皆様、ご参加くださった皆様、

本当にありがとうございました!

オマケ。

宇津木の森はこんなところ!

自然音をお楽しみいただく動画です。
歌は自然音に混ざるくらいで撮影されています。

リハーサルをしているところを、草葉の陰から虫の視点で撮影。

「ごろんコンサート」はこんな風に楽しめます。

拡散、ご支援、よろしくお願いします!

CD1枚から支援いただけます!

「森と人をもっと近くに。寝転んで森を学ぶCDを作りたい」(残り35日)

https://greenfunding.jp/sustena/projects/1770

さて、次回のオススメイベントはこちら。

あなたと森の付き合い方を教える自然体験×リトリート!

【長野】9/30(土)~10/1(日)標高1000mのエコビレッジ~瞑想と歌のキャンプ@今心imacoco
ブナの木。

「【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

思いがけない風景に出会うこと。レポート「ナイトウォークソング@八王子宇津木の森」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。