寝転ぶ×音楽の森林解説!レポート「ごろんコンサートピクニック!@築上町メタセの杜」

森の姿。

【福岡】3/13(火)森に寝転んで癒される!ごろんコンサートピクニック!@築上町メタセの杜が終了しました!

築上町では初めてのごろんコンサート!

今回は「自衛隊築城基地」の広大な敷地を見渡せる、メタセコイヤの見事な森の中で歌わせていただきました。

飛行機かっこいい!!

森に寝転んでいる間、木立の隙間をものすごいスピードで戦闘機が飛んでいく。

しかも、パイロットの顏が見えるんじゃないかと思うくらい近い。

こんなごろんコンサートは初めてで、森のシンガーソングライターも戦闘機に興奮!(男の子!)

さて、話題がかっこいい戦闘機になってしまいそうなので、メインである森の話をしなきゃ。

まずはお昼は集まってピクニックをしよう!ということで

証からは飯盒で炊いた玄米と、途中で摘んできたナノハナを提供。
おかずとか、足りるかな、と思ったら…

持ち寄り食材!めっちゃ豪華!!

交流会!

こういう持ち寄りポットラックパーティって、ほんと楽しいですよね。
僕はほぼ全員の人が初対面でしたが、和気あいあいとした雰囲気で、楽しく交流させていただきました。

いろんな草花の話をしながら、春の草原を歩く。
草原を歩く。

自衛隊の基地の周りにはこんな草原がどこまでも広がっていて(安全防止上の緩衝地帯)

景観の良さや、防風林、防音林の役割か、ところどころにこんもりした森が広がっている。

メタセコイヤは交流の場ともなるように、所々に植えられたもの。

メタセの杜。

それにしてもすごい数のメタセコイヤ!いったい秋にはどれほど綺麗な風景になるんだろう!

メタセコイヤの森に座り込んで、木の解説をしました。
解説。

そして、それぞれ自分で選んだ巨木の下に寝転んでみます。
ごろん。

ごろん。

ごろん。

いかがだったでしょうか。

自分が一本の木や草になったような気持ちで、アコースティックコンサートを聴くのです。

普段の自分からは、意識を離して、もし自分が木だったら?草だったら?どんな音が聞こえて、どんなものが見えるんだろう?

そんな気持ちで。

よく見ると、気根がありました!
気根があるということは、この木だけメタセコイヤではなく、ラクウショウなのかもしれませんね。
気根。

今度はもう少し、人の手の入っていないメタセコイヤの森に行きます。
ここでは、いろんな灌木が藪のように生い茂っています。

この季節はまだ虫もほとんどおらず、容易に入ることができました。

この土地の森に、本来生えてくる低木たち。
木に触れる。
そんな自然に近いメタセコイヤに、今度は触れながら歌を聴いてみるプログラム。

解説。

そして、この藪の中に寝転んでみる!
藪に寝転ぶ。

楽しそう!

最後は、ちょっと特別な森に連れて行きました。
春の森

この森は、マテバシイの森。
人の手で植えられた森だけど、もしもこの土地に人の手が入らなければ、こんな森になっていたはずなんだ。

ノイバラやツル植物などが生えてきて、マテバシイやタブノキ、クスノキなどの極相林に至るまでの「森の遷移」について解説。

それぞれ、森に体を横たえながら、歌やお話を聞いてくださいました。
ごろん。

ごろん。

解説。

森のシンガーソングライターの、寝転ぶ、音楽、の森林解説はいかがだったでしょうか。

この記事の素敵な写真を撮ってくれたのは、フォトグラファーの井之上淳子さん。
そして主催していただいたのは、セラピストの横山淳子さん。

皆さん、本当にありがとうございました!

今度は、11月のメタセコイヤの紅葉が最高潮の時にまた企画してくださるそうです。
楽しみですね。

集合写真。

オマケ。

森から出たところ、橋のたもとで僕らを待っていてくれたシマヘビの神様。
シマヘビ。

日向ぼっこで気分が良かったのかな。
一緒に歌も聴いてくれていたのかもしれません。

次回のごろんコンサートはこちら!

【大分】4/1(日)探検!寝転ぶ!楽器を鳴らす!森の歌ピクニック@つみきの森MUGA
MUGA1

【大分】4/12(木)特別な森に行こう。あなただけのプレゼントソングを作る、癒しの歌トレッキング@由布市ソババッケ
ソババッケ2

「森のシンガーソングライターが歌を作ります!【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

この記事も読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。