宇部市にてJARAさんと邂逅。旅猫タカモリのその後。キャンピングカーで森の旅315日目。

JARAさんと。

山口県宇部市にて、JARAさんと再会しました!!

JARAさんは、2014年に僕がeco japan cup カルチャー部門エコミュージックでグランプリをいただいた時に、準グランプリを受賞された方です。

受賞時に「いつか一緒に面白い企画しましょう」と約束をしながら、今回数年ぶりの邂逅。

ようやく僕の日本全国の旅で、山口県にたどり着けました。

JARAさん、お待たせしました!!

奥様の経営するというエステサロンの扉を開けると、なんと待っていたのは

「ええ!?ロボット!!」
ロボホン。

調べてみるとモバイル型ロボット電話 『RoBoHoN』ではないかと。

この子が、僕の名前から、eco japan cupのことまで交えて、流ちょうに出迎えの挨拶をしてくれた時には、本当に驚いた!
言葉をインプットして、話させることができるばかりか、相手の情報をインプットして、かなりのアドリブも入れてくる。

インターネットと繋がっているので、関連する情報も引っ張ってくることができる。

立ち上がった!
立ち上がった。
すごい面白い立ち上がり方をした…。。

命令すると、ターゲットを定めて僕の写真まで撮影してくれる。
写真撮影。

更にすごいのは…「プロジェクター起動中」
プロジェクター起動中。

投影!!

投影!

すごい!!

JARAさんはウクレレシンガーでもあるけど、本業は電気屋さんなんですね。
なので、電気屋さんならではのこんなすごい出迎えをしてくださいました。

来年度は一緒に「秋吉台カルスト台地で、ごろんコンサート」か「油谷で無人島カヌーコンサート」を開催してみたいですね。
今から楽しみです!

こちらは、JARAさんが持たせてくれた山口県のお土産!
山口お土産。

わー!下関に入った時に、僕には縁がないと思って諦めていたいたフグ雑炊まで!!

JARAご夫妻様、本当にありがとうございました!

さて、旅猫タカモリのその後ですが…

無事に東京の友人宅に着きました!

新しいケージに入ってそうそう、旅の疲れや緊張も見せず、堂々とくつろぎ、もりもりエサを食べているそうで
東京のタカモリ。

その大物っぷりに友人もびっくり。

「普通は警戒してしばらくはご飯も喉を通らないものなのに…」

そして、同居のネコ(大きい!)にも遠慮せずネコパンチ!
ネコパンチ!

逆に元の住人猫の方が、あまりのタカモリの度胸に唖然としていたそうです。

「これだけ環境の変化に強かったら、旅猫できるねえ」

新しい飼い主でも、ケージの中からでも「撫でて!お膝に乗せて!」と抗議を繰り返す、とても元気なタカモリでした。
元気なタカモリ。

僕はこちらでお風呂。
「長沢ガーデン」に大衆銭湯がありました。
長沢ガーデン。
入浴料390円。安い!と思ったら中に入ってロッカーで100円かかるので、結局490円。

ココニクル号、現在広島県に入りました。
地図。

日本全国の森の旅を続けるには、まだまだ資金が不足しております。
ぜひご支援をよろしくお願いします!

1000円から支援できます!!森の旅を一緒に作りませんか?
クラウドファンディング開始!「ごろんコンサートを全国の森で開催したい!」

5月は福井県、6月は岐阜県、長野県、愛知県で「団体様向けゴロンコンサート」や「個人向けプログラム」を受け付けております。
内容、料金は臨機応変に対応いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
森のシンガーソングライターに依頼してみると…

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。