千葉のダーチャフィールドへ!キャンピングカーで森の旅607日目。

ダーチャへ。

森のシンガーソングライター、ついに千葉のダーチャフィールドへ!

以前、山梨県北杜市白州にあるダーチャフィールド「五風十雨農場」でごろんコンサートをさせていただいた時

「千葉にもすごいダーチャフィールドがあるんだよ」とご紹介いただいてから年月が経ってしまいましたが…

今回思わぬご縁により、高田造園設計事務所様が作られた土気にある千葉のダーチャフィールドで、ごろんコンサートをさせていただくことになりました。

本当に、偶然繋がったんです。

人のご縁は知らないところで、どんどん物事を起こしていきます。

ダーチャって?

ロシアには「ダーチャ」と言う国民的ライフスタイルに関わる言葉があります。
日本語に意訳すると「菜園付き週末別荘」ということになります。

ロシアの約8割の人がこのダーチャを持ち、週末には必ずダーチャに出かけ、菜園の手入れをしたり、家に手をいれたりして過ごします。
家族や知人と過ごすこの時間はロシアの人達にとても豊かな時間を与えてくれています。
彼らは食料のほとんどをここから自給します。冬を除いた季節の週末、そして夏の長期休暇を利用して一年分の食料を生産し、保存食をつくります。

ソ連崩壊の時、給与が支払われず、また超ハイパーインフレで紙幣が紙くずになってしまった時でも、ロシア人が飢えることがなかったのはまさにダーチャのおかげです。

そこでは機械も使わない、農薬も化学肥料も使わない自然農が行なわれ、家も家具も畑も道も、その他なんでも自分たちで手造りする文化が存在します。
まさに世の中がこれから目指すべき、地球に優しいスローライフの世界です。

(http://dacha-support.com/whatsdacha/)

そんなロシアのダーチャをモデルにしたダーチャフィールドが、日本にいくつかあるのです!

さて、ダーチャフィールドを千葉に作っている、高田造園設計事務所様

このお庭から続く傾斜地の山林まで、敷地全部を使って拘り抜いたフィールドを見学させていただきました!

ダーチャフィールドに足を踏み入れると…

穏やかな風景が!
あれ、ここに入ると時間の流れ方が違うような…

セルフビルドらしき、薪小屋や炊事場が見えます。
まるで昔の田舎の風景のようです。
フィールド1

フィールド2

こちらは縄文式トイレ!
フィールド3

ダーチャ小屋はひとつひとつ、コンセプトを持って建てられています。
どんなコンセプトなのかは、当日をお楽しみに!
小屋。

小屋2

小屋のデッキに作られた五右衛門風呂!薪の風呂って入ったことないなあ。
五右衛門風呂。

例えばこの小屋の土台は、真っ黒に焼いた柱が使われています。

この斜面の土止めの杭も、真っ黒に焼かれています。
土止め。

杭。

炭化した杭を使うと、ミクロな多孔材質になる為、土の中の菌糸が入ってきやすいんだそうです。
そういう菌糸で土と杭が結び付くと、樹木の根っこも誘導されてきて、より杭として頑丈に土地と結びつくんだそうです。

そして、土地のいろんなところに、溝が掘ってあったり、穴が掘ってあったり。

これは、地勢を良くする為の方法。

気の流れや水の流れを良くすることで、植物の育ち方もぜんぜん違うんだとか!

こちらは土壁のダーチャ小屋。
土壁。

ただの昔の民家風の小屋ではなく、その土地の風土にあった仕様に作り変えていく。

どんな土地なのか。

何が起こる土地なのか。

どんな生き物が住むのか。

そして、どうやってそれらと共生するのか。

ダーチャフィールドでは、高田造園の高田さんの「庭を作る立場から見た」本当の自然と人の暮らし方のモデルがいっぱい。

ぜひ一度足を運んでみてください。

ダーチャフィールドの平澤さん、ご一緒いただいた今井さん、どうもありがとうございました!
楽しいイベントにしましょうね。

【満員御礼】3/3(土)ごろんコンサート&春の野草摘み@土気ダーチャフィールド

次回のごろんコンサートはこちら!今年もまた九州の旅が始まるよ!

【大分】3/11(日)3.11いのちのわ@大分市若草公園 森のシンガーソングライター出演!
いのちのわ

【福岡】3/13(火)森に寝転んで癒される!ごろんコンサートピクニック!@築上町メタセの杜
ごろん。

「森のシンガーソングライターが歌を作ります!【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。