今日の樹木。世界遺産、三保松原のクロマツ達。

天女の松。

「羽衣の松」を知っていますか?

天女が舞い降りて水浴びをしている間に

その美しさに心奪われた男が、松にかけられた羽衣を隠した為

天女は天に帰れず、男と結ばれる。

でもいつか、羽衣は見つかってしまい、天女は天に帰ってしまう

という有名な「羽衣伝説」

上の画像のマツこそが、天女が羽衣をかけたとされる「羽衣の松」だそうです。

でも実際には、この松は3代目

クロマツの立ち枯れは深刻で、伝説の松も代替わりをせざるを得ないようです。

さて、「松と海岸」と言えば、日本人には馴染みの深い景色です。

この松と海岸のように、日本古来の信仰と深く結びつき、風景が維持されている地形を「聖性地形」と言います。

この「三保の松原」は、日本の数ある松と海岸の中では抜群の人気を誇ります。

森のシンガーソングライターは、今回初めて足を踏み入れましたが、あまりの絶景に興奮しっぱなしの時間。

そして、ついにこの松原は、世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に登録されたのです。

こちらが「神の道」。
樹齢200年以上のクロマツ達を維持する為、踏圧を防ぐ意味で木道が作られています。
神の道。

このうねるクロマツに圧倒されます。
うねるクロマツ。

僕がもっとも目を奪われたのは、クロマツに美しく寄生する着生植物達。

ノキシノブ(シダ植物。シノブと名前が付くも、シノブとは別種)
ノキシノブ。

こちらはおそらくギンゴケ(コケ植物)。巨大な松の樹皮の間を美しく彩る。
ギンゴケ?

そして、こちらがヒトツバ(シダ植物)
ヒトツバ1
ヒトツバ2

こんなにすごいヒトツバまで!
ヒトツバ3

ところで、なぜ海岸にはクロマツが植えられているんでしょう?
それは、塩害に強いからです。

同じマツ科でも、アカマツではなく、海岸はほぼクロマツで占められてます。
アカマツが雌松と呼ばれるのに対し、クロマツは雄松。針葉の力強さで見分けることもあります。
クロマツの葉。

マツ林の間を歩いて行きます。
松林。

寝転ぶとこんな景色です。
寝ころんだ松林。

マツ林の木立の向こうにあるのは?
松林2

その先にあるのは?
松林3

海です!!

松林と海。
海岸の風景。

これらのマツ林は、はるか昔から日本の海岸に植えられてきたもので「潮害防備保安林」と言います。

潮風をマツ林が受け止めて、里の田畑が守られるように出来ています。
そして、津波の時も、その勢いを相殺する役割となるのです。

海岸沿いに神社があったのでお参りしてきました。「羽車神社」
羽車神社。

その横に、ずいぶん樹齢を重ねたマツが、切り株になって残っていました。
古い切り株。

ずいぶん立派なマツだったんだろうな、と不思議に惹かれて画像に収めたのですが、後で調べたらこれこそ

2代目の羽衣の松でした。

その切り株の間には、こんな石が置かれていました。
切り株の石。

他にもこんな石碑がありました。「エレーヌの碑」
エレーヌの碑。
日本の能を研究し、羽衣伝説の作品を書きながらも、遠くフランスの地で病に倒れ、ついに一度も来日を果たせなかったという、フランスのダンサー「エレーヌ・ジュグラリス」さんの慰霊碑。

いかがだったでしょうか?
さすが、幾人もの俳人が句にも読み、愛されてきた素晴らしい景勝地でしたね。

次は皆さんと行きたいです!

おまけ。

この松原に生えていた素敵な植物たち。

おそらくランタナ(クマツヅラ科)、園芸種です。
ランタナ。

海岸を美しく覆うハマゴウ(シソ科)
FullSizeRender(7)

さて、気になる次の森の歌会は

【群馬】ブナの原生林に癒されたい★8/27(土)「森の歌会~奥利根水源の森」@みなかみ高原

尾瀬にほど近いみなかみ高原です。ご家族で、夏休みのご旅行に森の歌会はいかがでしょうか。

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の生き方を説く「森の歌会」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。7月は静岡、8月は栃木、群馬で、9月は北陸で、森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様など、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。