久々に徒歩で旅をしてみたら大変だった。名古屋~静岡へ。森の旅720日目。

徒歩の旅。

名古屋~静岡までは、キャンピングカーを降りて、徒歩での旅。

と言っても、公共交通機関を使っての旅ですが…

名古屋では、イベントの前後はゲストハウスMADOさんに宿泊のお世話をしていただきましたし
静岡ではイベント期間中は、グループホームオアシスさんに泊めていただきました。

こんな感じのイベントをしていましたー!

(参考)町屋の風流と深い森を感じる名古屋!レポ「町屋で旅の話コンサート&宿泊交流会@名古屋市MADO」
(参考)施設から森へ連れ出そう!レポ「グループホームオアシスコンサート@静岡市」

イベントは大成功!!ああ、楽しかった!!

このイベント以外のほんの数日を、どこかで過ごすだけで良かったんですよね。

でも、たった2〜3日でもネットカフェで寝泊まり→コンセントカフェで仕事→重いギターやザックという生活はこたえた…。。。

途方に暮れる。
道端に座り込んで途方に暮れながら見た朝日の図。。。

さてまずは愛知県犬山市で、愛知北FM放送様に出演させていただきました!!

M@SAKIさん、ありがとうございましたー!!
ラジオ出演。

今回初めて旅をした犬山の城下町は、こんなに素敵な町屋街でしたーー!!
観光客も多くて、素敵な賑わいを見せていますよ。
犬山の町屋街。

お団子とか串物が、一本単位から買い食いできる!というので、いろいろ食べ回ってしまいましたー!!
お団子1

お団子をその場で丁寧に焼いてくれるお姉さん。
お団子2

ハートマークのお団子が入っていたらラッキーなんだって!やったー!!
お団子3

犬山市、楽しいー!!

愛知北FM放送様、犬山市の皆様、ありがとうございました!!

愛知北FM放送 84.2MHz「THE FACE」
http://842fm.jp

ところで、現代の旅生活でもっとも欠かせないのが、PC作業をする為のコンセント探しだったりします。

コンセントを貸してくれるカフェを探すのも大変…なかなか見つからないことも。

今回の東静岡駅近くの「コメダ珈琲」は神対応!!
コメダ珈琲。

証「このお店はコンセント使えますか?」

店員「どうぞどうぞ使えますよ!」
「(お荷物が大きいので)良かったら奥のテーブルでいかがですか?」

証「あれ、でもこの席はコンセントないですよ?」

店員「大丈夫です!となりの席から延長コードで引っ張ってきます!」

コンセント。

…かつてこんなにコンセントを推奨されたカフェは初めてでした…。
しかもめっちゃ笑顔で!

コメダ珈琲さん、助かりましたー!ありがとう!!

久々に徒歩の旅をしてみて分かったこと。

普段は「旅をしている」というより「家そのものが移動している」という感覚なので

たくさんの荷物を持って旅しなければならない大変さを改めて体感した日々でした。

とにかく、荷物が重い!!

名古屋までは、コンサートに必要なギターやアンプやその他もろもろ、宅急便で送ったのでそれほどでもなかったのですが

静岡までは、巨大なザックと巨大なギターハードケースを抱えての旅。

ほんの数キロ歩くだけでもヘトヘトになる。

今後、年老いたココニクル号が使えなくって来ることも想定して、徒歩での旅生活も実践してみたつもりだったのですが
いや、これは難しいかも。。。

旅先どこに行っても、きちんと眠れる場所がある、ご飯を作る設備がある、というのは重要なんだなと思いました。

特に、静岡に言ってからの二日間ほど、ネットカフェに寝泊まりした時は、あまりに環境の悪さに

コンサート前にも関わらず、体調を崩しそうになりました…。

そして、いつもと違う過酷な環境に慣れるまでは、体も疲れやすく、エネルギーを消費するのか

いつもよりとにかくお腹が減って仕方ない。。

キャンピングカーを置いて、徒歩にした方が金銭的な節約ができるはずが、食事だけでずいぶん嵩んでしまったように思います。
そして自炊ができず、買い食いするしかないので、体もおかしくなってくる…。。。

「定住しない生活」をウリにしている森のシンガーソングライターですが…

よく言われるのは「証くんは旅ばかりしてフラフラしているけど、いつになったら落ち着くのかな」という言葉。

バックパッカーや放浪者のようなイメージなのかもしれない(けっしてこの二者を貶している訳ではないですよ)

改めて僕のやっていることや感覚を、自分なりに整理する機会となりました。

「旅」と「定住しない生活」は違う。

「放浪すること」と「家が移動してること」は違う。

僕が行っているのは、きちんと眠れる家や炊事ができる環境を、自分の家を持ちながら
常に必要な場所へ、生活の場を移動させていること。

この「定住しないこと」が、自分の日常だとちゃんと落とし込んで生活している感覚は、すごく面白い。

でももちろん今回のように「大荷物を抱えて旅をする生活」を自分のものとする感覚の人もいるんだろうな。

いやしかし、大変疲れた旅になりました。


旅先で出会った地域ネコ。
ネコってたくましいよね。

旅の間、ココニクル号を預かってくれたのは、埼玉県所沢市の素晴らしい平地林「さんとめどんぐり村」の近く、山崎さん宅の敷地でした。ありがとうございました!

また今年も11/17土「さんとめどんぐり村祭」には森のシンガーソングライターが出演させていただきますよ!
よろしくお願いいたします!!

「さんとめどんぐり村」
http://saitama.seikatsuclub.coop/activity/smp/post_4.html

次回のごろんコンサートはこちら!

【東京】6/24(日)ゴミを拾って心を置いて行くコンサート@多摩川河川敷クリーン
中州を進む。

↓そしていよいよ、多摩川の最初の一滴を探す源流の旅
特別なイベントが始まるよ!!
★7/21(土)多摩川の源流で、あなただけのプレゼントソングを作る、癒しの歌トレッキング@水干
山ブドウとサルナシ。

★クラウドファンディング2018「森のシンガーソングライターの歌を全国流通させてください!」
「オフィスの中にいても、都市を歩いていても、まるで深い森の中を歩いているようなCDを作りたい!」
達成目標額725,000円(現在356,000円)
森の中で。

★オフィスで働く皆さん向けに”オフィスから行ける森の旅”のLINE@はじめました!

★学校に行けない子ども達や、引きこもりで悩む人達に”学校を出て、森へ行こう”のLINE@はじめました!

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「歌う自然ガイド」として、日本全国の森でコンサートを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、寝転びながら森を学ぶ「ごろんコンサート」は、これまで全国で100回以上の開催、1300名以上の方にご参加いただきました。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる知識などを広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

この記事も読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。