ナイトウォーク、暗闇と仲良くなる方法。レポート「親子キャンプ〜森の歌会プログラム」@埼玉名栗げんきプラザ

杉の中の子ども達

「やっぱり行きたくないよー」

「いや、俺は冒険するぞ!」

様々な思惑の子ども達が、暮れ行く森に集まってきます。

GW真っ只中。埼玉県の名栗げんきプラザ主催の「親子キャンプ〜初めてのテント泊」の中で、森のシンガーソングライター証が、森の歌会プログラムをさせていただきました。
森のシンガーソングライター解説中
火の扱い解説中

親子はほとんどの方が、テントで寝たことのない方々。

皆さん四苦八苦しながら、家族でテント設営から、焚き火をおこしての料理まで、いろいろ頑張りました。
テント設営
テント設営2
カマドで料理に挑戦

そして、いよいよ暮れ行く陽の中、ナイトウォークに出発します。

ナイトウォーク

※暗闇の中では写真が撮れませんでした…。しばらくは文章でご想像ください。

暗闇の森を歩いたこともない方がほとんどで、わくわくする反面、怖い思いもあるようです。

何せ、森の歌会のナイトウォークは、懐中電灯を点けないからです。

本当の暗闇の森に、家族で入ってみるのです。

「怖くないよ。どんどん行きたい!」
と言っていた男の子も、目の前の暗闇の森の口を見ると思わず…

「これは一人ではぜったい行けないと思う…」

4歳の女の子は「いやだよう、かえりたいよう」と泣きべそをかいています。

でも、大丈夫。

森の歌会は、音楽を使って森と仲良くなるプログラム。

最後には、暗闇の森も怖くなくなるように、魔法をかけるのです。

暗闇の森を歩く時には、コツがあります。

一歩一歩、足を踏み出す度に、足の裏に神経を集中します。

今、何を踏んでいるのかな?
木の根っこ、石、落ち葉。
そんなことを意識しながら歩きます。

子ども達も、口々に

「今、石の上」「今は根っこ」

話しながら歩いてくれました。

広場ではまずは、腰を降ろしてみる。家族でそこに聞こえる音を、聴いてみる。

葉擦れる音。

上空の風の音。

鳥の鳴く声。

小川の音。

遠くの車の音。

遥か上を飛ぶ飛行機の音。

そしたら今度はもっと深い時間。

夜の森に寝転んでみる。

背中をぴったり森のでこぼこに付けて、家族で寝転んでみる。

そして暗闇の森で、歌を聴きます。

今回は、僕のパイオニアソングの歌とギターに、ボランティアスタッフのあいさんが、鍵盤ハーモニカで参加してくれました。

曲が終わる頃には、すっかり、暗闇の森と仲良くなったみたいです。

寝転ぶ。

歌を聴く。

これだけで、ずいぶん変わる。

最後はみんなで「夜目」を試すプログラム。

この頃はすでにみんな、目が慣れているので、夜の森でもいろんなものが見えるようになっています。

普段の街で暮らしている人間の目と

夜の森で暮らす動物の目はどう違うのかな?

これは体験した人だけのお楽しみ。

泣きべそをかいていた4歳の女の子は

「楽しかった」

と笑顔。

こんなに静かに澄み渡った音楽を聴いたのは初めて。

地球と人は、繋がっているんだなあと思った。

森と家族になったみたい。

ベース音が響く度に、自分が木になったみたい。

森のことが何だかわかった。

心が洗われたようだ。

たくさんの感想をいただきました。

名栗げんきプラザからのアンケートでも、非常に満足度が高かったという結果をいただき、本当に感謝しています。

準備をしてくださったスタッフの皆様と、参加してくださった親子の皆様のおかげです。

もちろん、まだまだ違った森の感じ方、今回不足だったところ、改善して皆様が満足できるプログラムを目指していきます。

森の中から音の出るものを拾ってくる。
みんなで楽器を鳴らす。

みんなで楽器を鳴らしながら森を歩く。
みんなで楽器で森を歩く。

雨の森でも、みんなで歩いてみる。雨の楽しみ方、レクチャーさせていただきました。
雨の森ウォーク
雨の森

森の中の宝物探し。

何が拾えた?
128_large

ナイトウォークで寝転んだところを、今度は朝、寝転んでみる。
朝の森

ぜひいろんな森の「森の歌会」に来てみてください。
そして「森の歌会」をさせていただけるところも募集中!

次回のおすすめはこちら!

☆6/4(土) 「ハーブ王子と森の歌会」

歌を作るキャンプをしよう★5/28(土)〜29(日)「森フェス前夜祭ミュージックキャンプライブ!」

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の生き方を、音楽と共にお届けします。

本名 山田証。東京都多摩市在住。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。