ココニクル号修復日記 vol.7 コーキング慣れてきた!東京都稲城市へ。

ココニクル号の修理が必要な箇所は下記の通りです。

・ キャンパーを支える足の付け替え。
・ 車体の古いコーキングの付け替え。
・ 壊れた梯子の取り付け。
・ 壊れた天窓の修理。
・ 太陽光発電パネル取り付け。
・ キャンパー内の電気設備の復旧。

この中で、現在進んでいるのは「キャンパーを支える足の付け替え」。
ココニクル号が、キャンパーと下の車に分離した時に、およそ1トンもあるキャンパーを4本の足で支えます。
その足を支える根元が壊れてしまったので、修復しているのです。

こんな感じで、立派な下地の木材が取り付けられました。
新しい部材。

証はというと、せっせとコーキングに励みます。

そろそろ必要な個所が終わるころ、コーキング慣れてきた!(意味ない)

僕なりに分かってきたコーキングのやり方を解説。

まずは、古いコーキングを剥がします。
カッターで切れ目を入れてから、ドライバーなどでこそぎ取っています。
ドライバーで剥がす。

不要なところにコーキング剤が付かないよう、マスキングテープを貼ります。
マスキングテープを張る。

コーキング剤を少し多めに塗布。
コーキング剤を塗る。

専用のヘラで、奥まで剤を押し込むように。
ヘラで押し込む。

ここで、一度はみ出たコーキング剤や多すぎる部分をなるべくヘラで除いてあげます(重要)。

そしたら、残った剤をなるべく綺麗になめしてあげます。
綺麗になめす。

テープを剥がしたら、完成です!
テープを剥がして。

完全に乾くのに3日間くらいでしょうか。
1日くらいである程度固まると、あとは雨が降ってもまあ大丈夫です。

そんなことをしている間に、新井タカシさんの弟ヒロシさんが、こんなものを作ってくれてました!
新しいハシゴ!

なんと、古いアルミの梯子を外して、木製のハシゴを付けようという試み!!
しかもヒノキ製で、段ははめ込み式の、なんて丁寧な作り!
ヒノキのハシゴ!

これをどうやって取り付けようか、今から楽しみです。

ヒロシさん、ありがとうございます!!

先日、坂道を落ちてしまい、ぐしゃっとなったキャンパーの後ろ部分。
後ろの衝突した部分。

現在はこんな感じ。
骨組みを取り換え。
壊れてしまった材を切り離し、新しい材で補強する。
まるで組み木のようです。

タカシさん、ありがとうございます!

秩父の自動車整備の老舗「神田モータース」さん。

剥がしてしまった外装の鉄板を、板金で作成する為に寸法を測ってくださっています。

ココニクル号は現在、秩父市吉田の熱い皆さんによって、着々と修繕が進んでいます!!

秩父市の皆さん、本当にありがとうございます。

一旦、東京に戻ります。
夜は、西日暮里で会議に出席。

一転して都会の真ん中に戻る。

現在、ココニクル号は、東京都稲城市!

お世話になっている(有)マルシン建設さんはコチラ!
https://www.facebook.com/happymarushin/

さて、次回のオススメイベントはこちら。

あなたと森の付き合い方を教える自然体験ライブ!

【東京】2/19(日)森の歌会 始まりの森で、生命をいただく山菜の歌@東京都府中市

野草クラッカー

1000円から支援できます!!森の旅をあなたの力で!
クラウドファンディング開始!「ごろんコンサートを全国の森で開催したい!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。