ココニクル号修復日記 vol.1 秩父の森の大工さん!

天窓の修復!

いよいよ、来年の旅に向けて動き出しています。

今年のココニクル号にはずいぶん無理をさせてしまい…

主な住居(キャンパー)部分の故障箇所は次の通り。

キャンパーと車を分離する時に、キャンパーをささえる四本の足。

ぬかるんだ土の上で重量のあるキャンパーを支えた為、力が変な方向にかかり、根元から外れかかっています。

基本は車検に出す時に、キャンパーを外して、車だけで申請するので、この足が修理できないと、車検にも出せない状況です。

1トンもの重量を支える足なので、どのように付けたら力が分散できるのかが課題です。

天窓の蓋。

台風が来る度に、何度も空に舞い上がり、一度は台風直撃の海に飛んで行ったところを命がけで回収して来ました…。。
この蓋がないと雨がベッドスペースにざあざあ降り注ぐので、なんとか飛んでいかないように修復したいものです。

屋上へ上がる梯子。

→購入直後に、高さ制限を見誤って高架下などでぶつけて、めくれ上がっています。全国各地の子ども達がここに登りたがるので、そろそろ危ないかなと思っていたところです。もう外してしまって新しい梯子を取り付ける必要があります。

他にも細かいところはいろいろありますが、どうしても修復が必要なところはこの4点。

車の故障は車屋さんに頼むことになりますが、住居(キャンパー)部分はどうしよう!と思っていたら

「建物の部分なら修復はまかせろ!」と

修復を申し出てくださったのは、芸能文化の街、埼玉県秩父群に住む「森の大工さん」こと有限会社マルシン建設の新井さん兄弟。
新井さん。

前に青梅と秩父で行った僕の森の歌会に参加いただき、その主旨に賛同いただき、今年の旅でも、ご支援をいただいたばかりか、今回はキャンピングカー修復を申し出てくださいました。

本当に神様みたいな人達です!ありがとうございますー!!(>_<)

修復は新年からスケジュールを立てて行います。

    この新井さん達とのキャンピングカー修復日記を、シリーズとしてお伝えしていきますので、見守っていてください。

    新井さん弟。

    天窓固定。

    足を外した跡。

    新井さんは、大工として家業を継ぐまでは、大学などで砂防などの環境関連を学んでいたそうです。

    大工になった今も、森などの地球環境を守りながら、活用しながらやっていく為にはどうしたらいいか、模索しています。

    「森の大工さん」の名前で、秩父から世界へ、伝統文化と森とのコラボレーションを展開して行きましょう!

    森のシンガーソングライターとのコラボレーションイベントもこれからたくさん!!
    新井さん、どうぞよろしくお願いいたします。

    天窓修復。

    さて、次回のオススメイベントはこちら。

    あなたと森の付き合い方を教える自然体験ライブ!

    【東京】1/28(土)「あなただけの箒を作る。ススキの箒で森の歌会」@東京都府中市

    ススキ箒1

    証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

    森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

    【下記のフォームよりお問い合わせください】
    http://akashi.uzura.info/mailform/

    【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

    森の中で、歌を聴こう。

    「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
    森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「森の歌会」が好評。

    クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

    本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

    2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
    2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
    2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

    国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

    森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

    森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。