アーティストとして生きること。キャンピングカーで森の旅324日目。福井県福井市。

飛行機雲。

アーティストとして生きることを考える。

こうして、一本の草のことを考える瞬間があること。

西へ向かってゆっくりと動く太陽のことを考えること。

この時間が大事。

そして、これだけ働いても、ちゃんとした稼ぎにならないのはなんでだろうと考える。

アーティストとはなんだろうと考えます。

一本の草に気づける。

その瞬間瞬間に、ちゃんと深い部分まで感じられるアンテナを持ち続ける。

そんな「生き方を売る職業」

「生き方を売る」職業だからこそ、アーティストは自分の生き方に妥協してはいけない。

何を取るより、生き方を取り、だからこそ生まれる作品を示す事ができるんだと思う。

だから僕もキャンピングカーの生活を続け、曲を書き続けているのです。

普通に働いて、いろんな保障を得る為の生活とは違う世界。

僧侶が山奥に籠る理由がよく分かる。

何かを保障されている、安心できる、という環境では悟れないことがある。

でも、アーティストは物を売る商売のように、原価があって、利益があるようなものではない。

「生き方」は売りにくい。

アーティストは、世の中の人のどんな役に立っているだろうか?

貨幣経済は、資本主義は「明確に役に立つもの」についてのみ機能するシステム。

どんな役に立っているだろうか?

でもアーティストがいなければ、人々の心の豊かさは保てない。

例えば、アラスカの写真家、星野道夫は以下のようなことを言っていた。

「人にとって本当に必要な自然は、利用できることが全てではない」

「人が足を踏み入れられもしないような、悠久の大自然がそこにあること」

「それこそが自然の価値であり、心の豊かさに寄与している」

「だから人は自然を利用し尽してはならない」

役に立つとか、立たないとか以前に、具現化できない部分を持っておくことが、心の豊かさにはもっとも大事なことなのかもしれない。

だから、その部分を受け持つ、歌は、表現は、アーティストは、売れていようが、売れていまいが、有名だろうが無名だろうが

なくてはならない職業なのです。

では、どうしてちゃんと生活が成り立たないのか考える。

堤防にて。

そんなことを考えながら今日も

節約しながら訓練の日々。

夕暮れの堤防で、西陽を受けながら

柔軟体操から野口体操へ
発声訓練から歌を

一日に何度も、繰り返し繰り返し行います。

体操をしながら、寝転んで見上げた時のココニクル号。
ココニクル号。

こんな風に、純粋に声の精度を高めていくのは、大変だけど濃密な時間。

疲れたら、砂利の上に座って本を読む。
本を読む。

見上げると、飛行機雲がいく筋も空に線を描く。
それを寝ころんでずっと眺めている。
飛行機雲。

まだまだ旅の途中。

旅をしているのは素晴らしい。毎回ドアの外に違う景色が見える。
キャンパーの中から。

何はともあれ、自然の美しさを最前線で感じられるのが、この生活の一番自慢できることです。

さて、次回のオススメイベントはこちら。

あなたと森の付き合い方を教える自然体験ライブ!

【福井】5/3(水祝)森の歌会 in ハックルベリーの森@大野市
集合写真を遠くから。

日本全国の森の旅を続けるには、まだまだ資金が不足しております。
4月末で終了です。ぜひご支援をよろしくお願いします!

1000円から支援できます!!森の旅を一緒に作りませんか?
クラウドファンディング開始!「ごろんコンサートを全国の森で開催したい!」

5月は福井県、6月は岐阜県、長野県、愛知県で「団体様向けゴロンコンサート」や「個人向けプログラム」を受け付けております。
内容、料金は臨機応変に対応いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
森のシンガーソングライターに依頼してみると…

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。