【演奏動画あり】近所の公園から地球を学ぶ!レポート「ごろんコンサート in 新百合ヶ丘」

公園で地球を学ぶ。

いろんな人がいろんな思いで集まりました。

旅をしている人。

家事を済ませて来た人。

散歩の途中で来た人。

愛するネコを亡くした人。

アーティスト、セラピスト、ヒーラー。

様々な人が、新百合ヶ丘の公園に集まった。

特別な場所ではない、どこにでもあるただの公園から

森を学び、地球を感じることができるのです。

公園に寝転ぶ「自然を感じるごろんコンサート&繋がり広がれ音楽好き交流会♪♪in新百合ケ丘」の様子をレポートします。

そもそも、近所の公園で自然解説を受けるということが、なかなかないですよね。
自然解説。

公園は樹木をもっとも美しく見せる為の場所と言えます。

山地に入ってしまえば、樹木は他のたくさんの樹木と絡み合い、森自体が一つの生命体となる。

公園は、一本一本の木を独立させ、美しく見えるように配置する。

一本の木を観察するのに、公園ほど適した場所はないと思う。

散策。

今の季節に美味しい実のなるエノキ。

夏に果実酒に使えるヤマモモ。

生で食べられるドングリを落とすスダジイやマテバシイ。

何百年も生きて森の王者となるシラカシや

逆箒型の樹形の美しいケヤキ。

いろんな木を見ながら、公園を歩いて行きました。

一本の木の下に寝転がって歌を聴く。
ごろん。
この画像で歌ってくれているのは古田通子さん。

近所の公園にこれだけの人が集まったのは、今回彼女の功績。
新百合ヶ丘でお母さんという立場でアーティストの在り方を模索する。

彼女の行動力と仁徳にいろんな人が動かされて、この公園に来た。

そんなことも、樹木たちは分かっている。

とても静かに、彼女の歌を聴いてくれていました。

(森のシンガーソングライターの歌や解説は、この記事の終わりに貼り付けましたので、ぜひ観てくださいな)

木立の中で今度は座って、地球のお話。
公園で地球を学ぶ。

僕たちと地球の在り方が、どんどん離れてしまっていること。

それは一本の草や、一本の木に対する僕達の繋がりにかかっていること。

僕たちがこの地球と本当にこれからも一緒にやっていきたいのなら

人間以外の生物を

太陽を

風を

水を

地球を構成するもの達を

人間の支配下に置くのでなく

友達だと本当に言えるかどうか。

この一本の草と、自分は関係がある、と言えるかどうか。

人間の生活にもっとも近いところにいる公園の樹木だからこそ

普段の生活で目にする生き物達だからこそ

それを感じてみる必要があるのです。

最後に、みなさんにフリースタイルで詩を書いてもらいました。

詩の苦手な人も、書いたことのない人でも、何かその森に書かされた言葉が出てくる。
発表1

発表2

発表3

自分と地球の関係を再確認する。

そして心をすっきりさせたその後は、通子さん宅でBBQ交流会!
交流会。

たくさんの人数がいるので大変だったかと思います。
美味しいカレーも用意していただきました。

カレー。

イベントは、交流会が大事。

森と人が交流したら、ちゃんと人と人も交流すること。

めっちゃ楽しかったです!

誰もがいろんなものを抱えてごろんコンサートにやってくる。

アーティストやヒーラーをしている人は、自分自身が大きな喪失を体験した人が多い。

そして喪失の後の、奇跡的な誕生体験も経験している。

僕たちは日常にいて、知らないところで様々な奇跡が起こっている。

だからこそ、僕たちは心をリセットするのに、どこにいるかは関係ない。

日本には、街にいても山にいても、どこかしらにまだ豊かな自然が残っている。

この自然はいつでも、ちゃんと心の豊かさをくれる。

そしてこの自然が、僕らの次の次の世代まで残っているかどうかは、今の僕たちにかかっている。

近所の公園で、地球を学ぶ。

そういうことができる僕たちの時代は、本当に幸せなのです。

集合写真。

通子さん、ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

ごろんコンサート in 新百合ヶ丘「パイオニアソング」森のシンガーソングライター証

ごろんコンサート in 新百合ヶ丘「オレンジサン」森のシンガーソングライター証

ごろんコンサート in 新百合ヶ丘「一緒に」森のシンガーソングライター証

拡散、ご支援、よろしくお願いします!

CD1枚から支援いただけます!

「森と人をもっと近くに。寝転んで森を学ぶCDを作りたい」(10/10まで)

https://greenfunding.jp/sustena/projects/1770

「【ご依頼】個人向け「森のうた処方箋はじめました!」

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。ごろんコンサートのご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で歌を聴くと、分かることがある。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

森の中で感性のアンテナを開く方法や
知識を想像力に変える方法
定住しない生き方から学べる意識の変化など

自然解説や音楽によって、毎日の生活に役立つの森から得られる人の在り方を広めています。

本名 山田証。福井県出身。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。