【演奏動画あり】藤河内渓谷で歌う。キャンピングカーで森の旅309日目。

藤河内渓谷2

ここぞと思う場所で、森の自然音と共に歌をレコーディングしています。

旅の中で、はっと目を引くような景色を見る。

「ここは何か、他と違う特別な場所」

そんな風に思える森がある。

そんな森で、僕はできる限り、そこに流れている音や、自分の演奏した音を残しておきたいと思っています。

それがごろんコンサートを行った「久住高原」であったり、先日訪れた「ソババッケ」であったりするのです。

でもなかなか自然の中でレコーディングをするのは難しい。
よほどの高性能のレコーダーと、入念な準備が必要。

今回実は、お世話になっているサウンドエンジニアのOさんより、ちょっと他では手に入らないような高性能のレコーダーを貸していただくことになったので、こうして音を録りに来ました。

旅の間に録音した楽曲は、僕のクラウドファンディングのリターンとして、皆様にお渡しすることができます。

日本各地のそれぞれの季節でしか聞こえない森の音と共に、僕の歌を収録して行きますので、ぜひクラウドファンディングに参加してみてください(4月末までで募集は終了となります)。

詳しくは本記事の終りの方で記載しましたのでご覧ください。

藤河内渓谷に来た!
藤河内渓谷とココニクル号。

藤河内渓谷は、大分県佐伯市にある不思議な渓谷です。

宮崎の県堺にほど近いところまで、ぐねぐねした山道に車を走らせる。

するとそこにとても古い森が姿を現します。
藤河内渓谷1

藤河内渓谷は、巨大な一枚の岩盤を、水流が長い時間をかけて削っていくことで作られた、天然のウォータースライダー。

その澄んだ水流と滑らかな地形は、誰もが声をあげて驚く。

藤河内渓谷については、こちらの記事をご覧ください。
鷹鳥屋神社から藤河内渓谷へ。キャンピングカーで森の旅290日目。

さて、レコーディングには水音は響きすぎるので、少し山の中に入った木立の間で、さっそく歌をうたってみました。

今回収録したのは「再生の都市」という僕のオリジナルソング。

この曲は、僕がまだ東京に出てきたばかりの頃、故郷の森に思いを馳せて「街の真ん中に森を作り出す」をテーマに作った曲です。
なんと作曲した場所は、東京都府中市の大圀魂神社へと続くケヤキ並木の風景の中です。

今では主に、森の中ではお客様が「木に触れて」歌を聴く時に歌うことが多いですね。

では、さっそく聴いてみてください。
下記より演奏動画をご覧いただけます。

日本の森から歌を「再生の都市」森のシンガーソングライター証

いかがだったでしょうか。

このように、日本各地でいろんな森を案内しながら、曲を収録して行きます。
この収録した「森の歌CD」が手に入るのは、下記のクラウドファンディングのみです。

日本全国の森の旅を続けるには、まだまだ資金が不足しております。
ぜひご支援をよろしくお願いします!

1000円から支援できます!!
クラウドファンディング開始!「ごろんコンサートを全国の森で開催したい!」

5月は福井県、6月は岐阜県、長野県、愛知県で「団体様向けゴロンコンサート」や「個人向けプログラム」を受け付けております。
内容、料金は臨機応変に対応いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
森のシンガーソングライターに依頼してみると…

証の音楽はこちらから聞いてみてください。「パイオニアソング」

森の生き方を知ると、あなたの生き方が変わる。森の歌会のご依頼を受け付けております。1本の木があれば、深い自然を歌と共に感じられます。自然体験団体、森のようちえん、子育て支援、福祉施設様などの、体験内容や料金も応相談!

【下記のフォームよりお問い合わせください】
http://akashi.uzura.info/mailform/

【森のシンガーソングライター証(あかし)プロフィール】

森の中で、歌を聴こう。

「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。
森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の暮らし方、生き方を学ぶ「ごろんコンサート」が好評。

クラウドファンディング「【日本初】森と音楽の専門家の大挑戦プロジェクト!失われる森を守るためキャンピングカー生活で全国をまわる!」を達成率132%で達成し、手に入れたキャンピングカー「ココニクル号」で、定住しない生活をしながら、現在日本全国の旅をしています。

本名 山田証。福井県出身。東京都多摩市本拠。シンガーソングライターとしても活動の一方、自然科学にも興味を持ち、林業、造園業、環境教育、インタープリテーションの手法を学ぶ。

2008年「エデン風景」がFM福井主催、福井ホームタウンソングコンテストでグランプリを受賞。
2010年「雨粒ノック」が、エコジャパンカップカルチャー部門エコミュージックにてCMディレクター中島信也氏による「中島賞」を受賞。
2014年 「地球ワット」が、同コンテストにてグランプリを受賞。ミュージシャンとしては初の二度の受賞を達成する。

国土緑化推進機構の機関紙「ぐりーん・もあ 2015 vol.70 夏号」にも登場。

森林インストラクター(全国森林レクリエーション協会)

森の歌会 vol.19 あの山に登ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。